オルガノイドモデル | 3Dセルカルチャー | Corning

オルガノイドモデル環境の探索

オルガノイドモデル環境の探索

オルガノイドは、多能性幹細胞(PSC)と成体幹細胞(ASC)の両方から作製されます。幹細胞の自己複製と分化は、オルガノイド形成時に細胞の接着や増殖を支持するために必要なスキャフォールドを提供する、増殖因子および細胞外基質(ECM)の影響を受けます。Corning® マトリゲル基底膜マトリックスや Corning コラーゲンなどのハイドロゲルは、オルガノイド培養における細胞増殖を支持するために使用される一般的なスキャフォールドです。

正常組織または病巣由来の幹細胞や組織前駆細胞を、マトリゲル基底膜マトリックスまたはコラーゲンと混合すると、腎臓、甲状腺、肝臓、脳、肺、腸、前立腺、膵臓のミニ臓器ができます。オルガノイドにより、器官形成、疾患モデル、さらにそこから患者ごとの治療といった研究を推し進めることができます。 たとえば、CRISPR-Cas9 を使用したゲノム編集とオルガノイド培養の組み合わせにより、特定のがんに見られる患者特異的変異のDNA修復を評価し、遺伝学的スクリーニングを行うことができます。コラーゲンやマトリゲル基底膜マトリックスのようなハイドロゲルは、3D バイオプリンティング時に生細胞/オルガノイドを正確な場所に配置、埋めこむためのバイオインクとしても使用できます。 また、オルガノイドは、新しい治療薬候補を開発するために、生理学的に関連のあるモデルとしても使用されています。

出版物

オルガノイド培養の参考資料

オルガノイド培養の参考資料

がん表現型

がん表現型分析のためのオルガノイド培養に関する研究についてご紹介します。

続きを読む

幹細胞オルガノイドの操作

幹細胞ベースのオルガノイドを作製するための基本的なアプローチ、それらの利点と制限、そしてバイオエンジニアリング戦略を実施する方法についてご紹介します。

続きを読む

疾患モデル

幹細胞由来の 3D オルガノイドシステムの疾患モデルを調べる研究についてご紹介します。

続きを読む

オルガノイドと上皮のトランスレーショナル医療

既存の培養システムと比較した幹細胞由来のオルガノイドモデルの利点、および上皮組織特異的オルガノイドの最近の進歩についてご紹介します。

続きを読む

お客様の声

お客様の成功事例

主要リソース

オルガノイドモデルのアプリケーションサポート

ソリューション

オルガノイドモデルのソリューション

アプリケーション

オルガノイドモデルのアプリケーション

オルガノイドモデルのアプリケーション

  

サポート

技術サポート - 新しい業界基準の設定