Disease Modeling | Disease Development and Progression Models | Corning

疾患の発生と進展、治療オプションの理解を深める

疾患の発生と進展、治療オプションの理解を深める

疾患モデルにより、疾患の発症と進行、潜在的な治療法について理解を深めることができます。疾患モデルは従来の2D細胞培養のほか、オルガノイド、スフェロイド、組織モデルなどのin vivo様3D細胞培養モデルを用いて、より生理学的に近しい環境で疾患を再現することができます。

コーニングの3D細胞培養関連製品は、肺、腎臓、甲状腺、肝臓、脳、腸、前立腺、膵臓などを含む、ヒト組織や腫瘍、器官におけるin vivo挙動を忠実に再現し、より複雑なモデルの形成と研究に貢献します。コーニングの3D細胞培養関連製品は、がん研究、皮膚モデル、個別化医療、感染症などの疾患モデルを活用した研究をサポートします。

Corning マトリゲル基底膜マトリックスを使用して作製した肺オルガノイドと、Transwell またはFalcon パーミアブルサポートを使用して作製した air-liquid interface (ALI) モデルは、COVID-19のような感染症を始めとする多くの疾患研究に使用されています。洗練された3Dモデルにより感染や人体への攻撃、細胞から細胞へと感染する仕組みについて理解することができます。これらの高度な疾患モデルのおかげで、疾患の理解、治療、予防のための最良の方法の解明にまた一歩近づきます。

疾患モデル

疾患モデルの応用

疾患モデルに役立つ製品

証明

お客様の成功例

リソース

関連リソース

3D Models and Primary Human Pancreatic Cancer

3Dモデルと初代ヒト膵臓がん

3Dモデルと初代ヒト膵臓がん

in vivoの生理現象をよりよく再現し、化合物プロファイリングのよりよい予測因子となると考えられる、腫瘍性膵臓オルガノイドなどの3Dモデル研究方法をご紹介します。

in vivoの生理現象をよりよく再現し、化合物プロファイリングのよりよい予測因子となると考えられる、腫瘍性膵臓オルガノイドなどの3Dモデル研究方法をご紹介します。

Matrigel Matrix and Organoid Culture

マトリゲル基底膜マトリックスとオルガノイド培養

マトリゲル基底膜マトリックスとオルガノイド培養

腫瘍患者由来の細胞から形成された3Dオルガノイドが、マトリゲル基底膜マトリックスを用いて、よりin vivoに近いモデルや個別化医療に向けた創薬を促進する可能性についてご紹介します。

腫瘍患者由来の細胞から形成された3Dオルガノイドが、マトリゲル基底膜マトリックスを用いて、よりin vivoに近いモデルや個別化医療に向けた創薬を促進する可能性についてご紹介します。

Elplasia

Corning 超低接着表面と乳がんスフェロイド形成

Corning 超低接着表面と乳がんスフェロイド形成

本研究の目的の一つは、腫瘍スフェロイドを作成し、ハイスループットスクリーニングに最適なフォーマットで分析できるかどうか、また、Corning 超低接着表面上で培養された細胞が薬物治療に対してより感受性が高いかどうかを調べることでした。

本研究の目的の一つは、腫瘍スフェロイドを作成し、ハイスループットスクリーニングに最適なフォーマットで分析できるかどうか、また、Corning 超低接着表面上で培養された細胞が薬物治療に対してより感受性が高いかどうかを調べることでした。

サポート

技術サポートー新たな業界スタンダードを確立