神経オルガノイドの記事 | オルガノイドモデル | 3Dセルカルチャー | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

神経オルガノイドの探究

脳オルガノイドとしても知られる神経オルガノイドは、多能性幹細胞(PSC)から作られます。誘導 PSC(iPSC)由来の胚様体を Corning® マトリゲル基底膜マトリックス液滴中に封入し、分化培地中で攪拌培養することで、大脳の表現型が発現します。 これらの「ミニ脳」は、ヒトの脳発達に関する理解を深め、遺伝性および後天性脳疾患を評価するのに役立ちます。

出版物

神経オルガノイドの参考資料

神経オルガノイドの参考資料

脳オルガノイドとヒト脳の発達

Lancaster らは、初めてヒト PSC(hPSC)から神経オルガノイドを作製しました。

続きを読む

脳領域オルガノイドと ZIKV 曝露

ヒト iPSC 細胞から前脳特異的オルガノイドを作製するため、小型回転バイオリアクター(SpinΩ)を開発しました。

続きを読む

脳の発達と疾患

最近の幹細胞技術の進歩によって、PSC からヒト脳オルガノイドを作製できるようになりました。これにより、ヒトの脳の発達に関する理解を深めることができるかもしれません。

続きを読む

脳オルガノイド研究の展望

ヒト腸管形成の研究に培養システムをモデルとして使用することで、in vitro でヒト腸内分泌細胞を作製することができました。

続きを読む

MLO と脳研究

ヒト中脳の特徴を持った中脳様オルガノイド(MLO)の培養に成功しています。これにより、扱いやすい in vitro システムで、ヒト中脳とその関連疾患を研究する可能性が拓かれました。

続きを読む