がん研究関連製品と技術情報 |細胞培養 | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

このサイトは最新のウェブブラウザで快適にご覧いただけます。よりよい環境でご覧いただくためにブラウザを更新してください。

Close[x]

がん研究は複雑ですが、信頼できる経験豊富なパートナーを見つけるのは簡単です

がんの複雑さの解明は、現在進行中の挑戦です。幸運にも無数の人々が、より効果的にがんを予防し、がんと戦い、治療するために新規のより優れた方法を発見しようと決意しています。  

コーニングは、品質が安定していて再現性の高い結果を出すことができる信頼性のあるラボ製品により、この重要な研究をサポートします。Matrigel®基底膜マトリックス、Transwell®(トランズウェル)パーミアブルサポート、スフェロイドマイクロプレートは、最先端のがん研究で使用されているコーニング製品の一部です。

腫瘍形成、三次元培養、浸潤/遊走アッセイのいずれかにご興味をお持ちですか?コーニングは、製品選択を簡素化、テクニカルサポートの提供、研究を最初から成功に導くための知識と経験があります。

がんの進行

がんの進行

腫瘍形成は複雑な過程であり、細胞の突然変異誘発や細胞増殖の正常な挙動から異常な挙動への形質転換を伴います。腫瘍細胞は、細胞分裂の正常な制約からはずれて、制御されない細胞増殖と腫瘍形成の段階に進行します。親腫瘍細胞に由来する細胞のすべてが腫瘍形成挙動を示し、成長して腫瘍塊となります。腫瘍の増殖と生存は、血管新生過程に依存しています。血管新生により腫瘍細胞に効率的に栄養を運ぶ血管網と血液供給が構築されます。その結果、腫瘍は元の組織内にとどまるか(in situがんと称される)、または転移過程を経て他の組織と臓器に伝播する(浸潤がんと称される)と考えられます。

ポスター進呈

研究室での教育や参考ツールとなるコーニングの新しい「Progression of Cancer」ポスターをぜひご覧ください。今すぐお申し込みを。

 

さらに詳しく

腫瘍形成

腫瘍形成

概要

腫瘍細胞への形質転換を開始し促進させる突然変異を正常細胞が受けると、腫瘍形成過程が始まります。腫瘍細胞は、制御されることなく増殖するため、腫瘍形成細胞集団は、原発部位または組織で腫瘍塊を形成します。

注目製品:

注目のリソース: 腫瘍形成

血管新生

血管新生

概要

血管新生は、新しい血管の形成を制御する過程です。腫瘍の増殖と生存は、血管新生過程に依存しています。血管新生により腫瘍細胞とその微小環境に効率的に栄養を運ぶ血管網と血液供給が構築されます。

注目製品:

  • Corning Matrigel 基底膜マトリックス、血管内皮細胞チューブ形成アッセイ用
  • Corning BioCoat™ アンジオジェネシス血管内皮細胞遊走システム

注目のリソース: 血管新生

血管内侵入/転移/血管外遊出

血管内侵入/転移/血管外遊出

概要

血管内侵入による転移: 血管内侵入の過程で、腫瘍細胞は原発巣を出て基底膜と血管壁を通り、近くのリンパまたは血管に浸潤します。

血管外遊出による二次的腫瘍形成: 血管外遊出中に、血管壁と基底膜を通って新しい組織や臓器に浸潤することによって、循環腫瘍細胞はリンパや血管から出ます。

注目のアッセイ: 

注目のリソース: 血管内侵入/転移/血管外遊出

サポート

技術サポート -新しい業界基準の設定