Infectious Disease Modeling | Corning

3D細胞培養:感染性疾患との闘いに欠かせない技術

3D細胞培養:感染性疾患との闘いに欠かせない技術

3D細胞培養を用いた疾患モデリング作製の進歩により、ウイルスや細胞の科学をこれまで以上に現実的に研究できるようになりました。3Dモデルは生物学的システムをより予測しやすく、in vitroでの結果をより簡単に人間の患者に置き換えることができます。その結果、3D細胞培養モデルは、感染性疾患との闘いに最も欠かせない技術の一つとなっています。

最近のコロナウイルスのパンデミックの出現により、このニーズは以前にも増して高まっています。しかし、3D培養がもたらすインパクトはそれだけではありません。3Dモデルは、ウイルスがin vivoで遭遇する物理的・生化学的環境をよりよく再現します。これにより、トキソプラズマ原虫から結核菌に至るまで、病原体の感染作用に関するさまざまな新しい知見が得られています。

リソース

関連リソース

注目のストーリー

出版物

感染性疾患をサポートする出版物

モデル

組織モデル

組織モデル

組織モデル

合成スキャフォールドを用いた組織モデル環境についてご紹介します。

合成スキャフォールドを用いた組織モデル環境についてご紹介します。

スフェロイドモデル

スフェロイドモデル

スフェロイドモデル

スフェロイドモデル環境についてご紹介します。

スフェロイドモデル環境についてご紹介します。

オルガノイドモデル

オルガノイドモデル

オルガノイドモデル

オルガノイドモデル環境についてご紹介します。

オルガノイドモデル環境についてご紹介します。

サポート

技術サポートー新たな業界スタンダードを確立