Corning® Matrigel® Matrix for Organoids | Surfaces

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

均一、便利、確実

疾患モデル作成や創薬開発において、臓器と比べた際の構成や機能の類似性からオルガノイドの需要がますます高まっています。細胞外基質(ECM)は、生化学的なシグナルと構造的な支持を提供する点で、細胞の生存要件において重要な構成成分です。たとえば多孔性と強度は、オルガノイド構造において細胞の遊走、挙動、極性のシグナル伝達を調節します1, 2

Corning マトリゲル基底膜マトリックスはもっとも広く参照されている3D細胞培養ツールのひとつで、これまでに多くの発見に貢献してきた基質でもあります。新発売のCorning マトリゲル基底膜マトリックス オルガノイド形成用は、そのマトリゲル基底膜マトリックスの、オルガノイドの増殖と分化をサポートすることを確認している製品です。

Corning マトリゲル基底膜マトリックス オルガノイド形成用は開封後すぐに使用できる便利な基質で、以下のステップに従って使用することで、オルガノイド培養を成功に導く均一性と確実性をもたらします。

  • オルガノイドの増殖と分化をサポートすることを、下記を含めて確認しています:

– マウス小腸オルガノイドを7継代以上の長期の増殖を維持することを、オルガノイドに典型的な出芽した形態とマーカーの発現により確認3
–  初代ヒト気道上皮細胞より、極性化した3D上皮細胞の増殖と分化を特徴的なマーカーの発現により確認4

  • オルガノイドワークフローをサポートする基質の強度を示す弾性率をロットごとに測定しています
  • オルガノイド培養によく用いられる“3Dドーム構造”を安定的に形成することをロットごとに確認しています
  • 健常および疾患細胞由来オルガノイドの増殖を確認しています

Corningマトリゲル基底膜マトリックス オルガノイド形成用は、このようにオルガノイドの形成を確認していることから、手間と時間のかかるスクリーニングが不要となると同時に、オルガノイド研究に必要不可欠な再現性と均一性をもたらします。

さらに詳しく

1.  Hartman CD, et al. Extracellular matrix type modulates cell migration on mechanical gradients. Experimental Cell Research, vol. 359, no. 2, pp. 361-366, 2017.
2.  Bryant DM, et al. A molecular switch for the orientation of epithelial cell polarization. Developmental Cell, vol. 31, no. 2, pp. 171-187, (2014).
3.  Application note: CLS-AN-542, Culture of Mouse Intestinal Organoids in Corning® Matrigel® Matrix for Organoid Culture, K. Slater and H. Nandivada
4. Application note: CLS-AN-534, High Throughput Gene Expression Analysis of 3D Airway Organoids, H. Sherman, N. Elliott, A. White and A. Rossi

アプリケーションエリア

オルガノイドの増殖と分化

オルガノイドの増殖と分化

オルガノイドは、器官発生、疾患モデル作成、そこからつながる患者特異的治療の研究をサポートします。健常または病変組織由来の幹細胞と/ または臓器前駆細胞とCorning マトリゲル基底膜マトリックスとを組み合わせて、腎臓、甲状腺、肝臓、脳、肺、小腸、前立腺、膵臓、乳房、食道、卵巣といったミニ臓器が作製されています。

Corning マトリゲル基底膜マトリックスは、必須の増殖因子やタンパク質と必要なマトリックス構造を提供するといった、in vivo 環境との類似性から、オルガノイド研究においてもっとも論文に掲載されているハイドロゲルです。

アプリケーション

マトリゲル基底膜マトリックス オルガノイド形成用の使用

マウス小腸オルガノイドの培養

マウス小腸オルガノイドの培養

マトリゲル基底膜マトリックス オルガノイド形成用を使用したマウス小腸オルガノイド培養をご紹介します。

さらに詳しく

3D気道オルガノイド

3D気道オルガノイド

3D気道オルガノイドのハイスループット遺伝子発現解析についてご紹介します。

さらに詳しく

3Dで新しい科学の可能性を開く研究者たち

Cell image

患者由来膵臓オルガノイドを使用した個別化治療

患者由来膵臓オルガノイドを使用した個別化治療

サンディエゴにあるカリフォルニア州立大学の Hervé Tiriac博士は、候補となるがん治療法に対する患者の反応を調べることを目的とした膵臓オルガノイドライブラリーの作成を検討しています。

サンディエゴにあるカリフォルニア州立大学の Hervé Tiriac博士は、候補となるがん治療法に対する患者の反応を調べることを目的とした膵臓オルガノイドライブラリーの作成を検討しています。

陣オルガノイド腎疾患モデル

生物工学によって作られた腎オルガノイドを用いた腎疾患モデル

生物工学によって作られた腎オルガノイドを用いた腎疾患モデル

腎オルガノイドのパイオニアである Benjamin Freedman 博士の、腎疾患研究における3D細胞培養の生物工学、形成、アプリケーションについての解説です。

腎オルガノイドのパイオニアである Benjamin Freedman 博士の、腎疾患研究における3D細胞培養の生物工学、形成、アプリケーションについての解説です。

3D ヒト”ミニ脳”

膠芽細胞腫の治療法改良のための3D ヒト”ミニ脳”

膠芽細胞腫の治療法改良のための3D ヒト”ミニ脳”

Amanda Linkous 博士の、より効果的な治療法開発につながる、in vivo のヒト脳の微小環境を模す目的でヒト由来幹細胞を用いた 膠芽細胞腫のex vivo モデル研究についてご紹介します。

Amanda Linkous 博士の、より効果的な治療法開発につながる、in vivo のヒト脳の微小環境を模す目的でヒト由来幹細胞を用いた 膠芽細胞腫のex vivo モデル研究についてご紹介します。

購入方法

購入オプション

関連製品

スフェロイドマイクロプレート

スフェロイドマイクロプレート

スフェロイドマイクロプレート

スフェロイドの形成から培養、アッセイ、解析までを1枚のプレートで

スフェロイドの形成から培養、アッセイ、解析までを1枚のプレートで

トランズウェルパーミアブルサポート製品

トランズウェルパーミアブルサポート製品

トランズウェルパーミアブルサポート製品

トランズウェルパーミアブルサポート製品は、これまでに数多の引用、プロトコール、テクニカルサポートの実績があります。細胞培養におけるin vivo 環境をより再現するのに役立ちます。

トランズウェルパーミアブルサポート製品は、これまでに数多の引用、プロトコール、テクニカルサポートの実績があります。細胞培養におけるin vivo 環境をより再現するのに役立ちます。

Corning セルリカバリーソリューション

Corning セルリカバリーソリューション

Corning セルリカバリーソリューション

Corning セルリカバリーソリューションを使用すれば、Corning マトリゲル基底膜マトリックスで培養した細胞を、その後の生化学的解析用として回収することができます。

Corning セルリカバリーソリューションを使用すれば、Corning マトリゲル基底膜マトリックスで培養した細胞を、その後の生化学的解析用として回収することができます。