胃腸管オルガノイド | オルガノイドモデル | 3D セルカルチャー | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

胃腸管オルガノイドの探究

胃腸(GI)管には、腸陰窩および胃腺の底部に存在する成体幹細胞(Lgr +)を含まれます。これらの細胞増殖は、細胞とマトリックス間の相互作用の影響を受けるシグナル伝達経路に依存しています。GI オルガノイドは、発生過程の研究、および個別化医療のための重要なツールです。

出版物

胃腸管オルガノイドの参考資料

胃腸管オルガノイドの参考資料

胃腸管オルガノイドの参考資料

Hans Clevers 博士の研究室による画期的な論文は、シングル Lgr5 + 細胞からの GI オルガノイドの作製を実証しました。

続きを読む

嚢胞性線維症における CFTR アッセイ

嚢胞性線維症患者の初代腸オルガノイドを研究するために、in vivo 組織構造の本質的な特徴を再現して、腸から上皮オルガノイドを長期増殖するための条件を確立しました。

続きを読む

上皮オルガノイドの長期増殖

ヒト胃腸管の炎症、感染、または腫瘍性組織の研究に使用できる技術に関するデータをご紹介します。  

続きを読む

大腸がんのモデル

CRIPSR-Cas9 を介したヒト腸オルガノイドの技術によって、結腸直腸がんモデルの作製に成功しました。 

続きを読む

HPSC と腸管組織

ヒト腸管形成の研究に培養システムをモデルとして使用することで、in vitro でヒト腸内分泌細胞を発生させることができました。

続きを読む

オルガノイドと大腸がん研究

オルガノイド技術は、がんの遺伝子研究と患者の治験に役立つ可能性があります。

続きを読む