Air Liquid Interface (ALI) Cell Culture | In Vivo Disease Modeling | Corning

ALI を用いた in vitro 環境で、in vivo の生物学をよりよく再現

ALI を用いた in vitro 環境で、in vivo の生物学をよりよく再現

気液界面(ALI)は、培養面の片面が培地に、もう片面が空気に接しており、液体と空気の両方と相互作用する呼吸器系上皮細胞の研究に最適です。ALI システムは従来の細胞培養モデルと比較して、より正確にin vivo状態を模倣することができます。そのため、薬剤透過バリアとしての呼吸器上皮細胞のメカニズム研究、嚢胞性線維症や喘息などの呼吸器疾患モデルの作製、創傷治癒などの皮膚の必須プロセスの研究、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2(SARS-CoV-2)などの呼吸器上皮感染症の理解を深めるために理想的なシステムと言えます。喘息からCOPDに至るまで、ALI モデルは呼吸器疾患研究において重要な役割を果たしてきました。最近のCOVID-19ウイルスの大流行と重症化により、この技術は病気を理解し治療する戦いにおいてさらに重要になっています。

製品

ALIモデルに役立つ製品

注目のストーリー

Tissue Engineering

組織工学:呼吸器系薬剤開発のための最新3D細胞モデル

呼吸器疾患研究用に予測性をさらに高めた3D細胞モデルの構築に向け、最新細胞培養技術を活用するスイス企業の取り組みとは

さらに詳しく

Well Plates

ALI の活用とベストプラクティス

ALI 培養に関するツール、その活用、技術についてご紹介します。

さらに詳しく

サポート

技術サポートー新たな業界スタンダードを確立