肝臓オルガノイドの記事 | オルガノイドモデル | 3Dセルカルチャー | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

肝臓オルガノイドの探究

肝臓から作製されたオルガノイドは肝分化能を有しており、毒性試験に使用して、肝疾患のモデルとして毒性試験などに使用することができます。 また、Lgr5+ 細胞もオルガノイドとしてクローン増殖させ、in vitro in vivo の移植などの両方で機能的肝細胞に分化させることができます。ヒトおよび動物の検体から培養した肝臓オルガノイドは、移植または薬剤スクリーニングの前に ex vivo で遺伝子組み換えが可能です。

出版物

肝臓オルガノイドの参考資料

肝臓オルガノイドの参考資料

シングル Lgr5 + 肝幹細胞の in vitro での培養

この研究では、活発に自己複製する組織中の Lgr5+  幹細胞に関する以前の観察結果が、自発的増殖の割合が低い組織中の損傷誘導性幹細胞にも見られたことを実証しています。

続きを読む

膵臓 3D オルガノイドとその遺伝子操作

成体幹細胞の培養条件を開発することで、成体の小腸、胃、肝臓、膵臓の初代組織を長期増殖させ、自己組織化 3D オルガノイドの作製に成功しました。

続きを読む

肝細胞の運命に影響を与える Hippo 経路の活性

Hippo 経路の活性が、分化した肝細胞の状態維持に重要な役割を果たすことが研究で示されています。

続きを読む