Spheroid Models

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

スフェロイドモデル環境の探求

スフェロイドは、接着細胞の凝集する性質によって形成される、シンプルでよく使われている多細胞3Dモデルです。腫瘍スフェロイド、胚様体、肝スフェア、ニューロスフェア、腫瘍様塊などに代表されるように、幅広い細胞種からの形成が可能です。

3D多細胞スフェロイドは代謝勾配を形成し、これにより細胞間または細胞とECM間の優れた相互作用を持つ不均一な細胞分布を作り出します。1 2D細胞培養と比べて生理学的により近しいモデルであり、疾患における多様な組織の微小環境をうまく再現することができます。

アプリケーション

スフェロイドモデルアプリケーション

Stem Cell Research

幹細胞研究

幹細胞研究

Corning スフェロイドマイクロプレートで培養したスフェロイドモデルは、人工多能性幹細胞(iPSC)由来の均一な胚様体を作り出すことができるため、続いて将来的な神経疾患の治療法の研究に使用する高純度の神経幹細胞(NSC)を作製することができます。

Corning スフェロイドマイクロプレートで培養したスフェロイドモデルは、人工多能性幹細胞(iPSC)由来の均一な胚様体を作り出すことができるため、続いて将来的な神経疾患の治療法の研究に使用する高純度の神経幹細胞(NSC)を作製することができます。

Tumor Biology

腫瘍生物学

腫瘍生物学

Corning スフェロイドマイクロプレートを使用して形成した3D腫瘍スフェロイドモデルは、in vivo腫瘍微小環境を非常によく再現しています。これらの、ひとつの細胞種から培養、あるいはほかの細胞と共培養したより複雑な腫瘍微小環境で培養されたスフェロイドは、がん創薬アプリケーションでのがん薬剤モデルの治療効果をより正確に予測できる可能性があります。

Corning スフェロイドマイクロプレートを使用して形成した3D腫瘍スフェロイドモデルは、in vivo腫瘍微小環境を非常によく再現しています。これらの、ひとつの細胞種から培養、あるいはほかの細胞と共培養したより複雑な腫瘍微小環境で培養されたスフェロイドは、がん創薬アプリケーションでのがん薬剤モデルの治療効果をより正確に予測できる可能性があります。

Immune Oncology

免疫腫瘍学

免疫腫瘍学

Corning 384 ウェルスフェロイドマイクロプレートは腫瘍細胞スフェロイドに対するCAR-T細胞の細胞毒性効果の評価に採用されました。例えば、KILR™ 細胞毒性アッセイ(DiscoverX社)はKILR導入腫瘍スフェロイドと組み合わせ、1枚のプレートで培養、アッセイを行いました。

Corning 384 ウェルスフェロイドマイクロプレートは腫瘍細胞スフェロイドに対するCAR-T細胞の細胞毒性効果の評価に採用されました。

スフェロイドモデルのためのツール

超低接着表面

超低接着表面

アニマルフリーでハイドロゲルが共有結合した独自の表面であるCorning 超低接着表面は、細胞の接着、タンパク質吸着、酵素の活性化を最小限に抑えます。

さらに詳しく

スフェロイドマイクロプレート

スフェロイドマイクロプレート

Corning スフェロイドマイクロプレートは、革新的なU底の形状にCorning 超低接着表面を組み合わせた製品です。

さらに詳しく

3D細胞培養のアプリケーションサポート

3D細胞培養のアプリケーションサポート

MCF-7のスフェロイド形成促進

悪性細胞や腫瘍形成の研究に、in vitro での3D腫瘍スフェロイド形成は有用なモデルです。低接着表面を用いて機能的腫瘍スフェロイドを形成する方法についてご紹介します。

さらに詳しく

腫瘍スフェロイドを用いたがん治療スクリーニング

多様な化学療法スクリーニングに利用できる、in vivo 腫瘍微小環境をより模した3Dモデルについてご紹介します。

さらに詳しく

2D細胞培養で立ち止まらないために

HTS環境における3D細胞培養で勘で実験しないために

さらに詳しく

技術サポート - 新しい業界基準の設定