組織モデル | 3D 細胞培養モデル | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

合成スキャフォールドにおける組織モデル

合成スキャフォールドモデルを用いて幅広い3D組織環境を模倣してきました。合成スキャフォールドは動物由来原料を含まないため、病原体やその他の生物由来製品に見られる問題の恐れがありません。

高分子は、様々なサイズ、構造、多孔性の合成スキャフォールドを作る際の一般的な原料です。合成スキャフォールドはリソグラフィー、エレクトロスピニング、バイオプリンティングで作ることができ、パーミアブルサポート製品の場合には微小孔性メンブレンです。研究において、よりin vivo 細胞環境に近付けるためには内因性因子が必要です。3D細胞培養には細胞外基質(ECM)をコーティングして効果的で複雑な基質を作りだします。

アプリケーション

組織モデルのアプリケーション

Organotypic Tissue Models

器官型組織モデル

器官型組織モデル

皮膚、肝臓、胃、腎臓、肺といった、多様な組織を作り出す器官型モデルは、リアリスティックな極小生体構造を示し、臓器の機能を再現し、細胞間相互作用についての理解につながります。

皮膚、肝臓、胃、腎臓、肺といった、多様な組織を作り出す器官型モデルは、リアリスティックな極小生体構造を示し、臓器の機能を再現し、細胞間相互作用についての理解につながります。

Bioprinting

バイオプリンティング

バイオプリンティング

3Dバイオプリンティングは、研究、毒物学、薬物スクリーニング研究における多層構造の皮膚、骨、肝臓、軟組織モデルの作製に使われてきました。

3Dバイオプリンティングは、研究、毒物学、薬物スクリーニング研究における多層構造の皮膚、骨、肝臓、軟組織モデルの作製に使われてきました。

Motility Models

運動性モデル

運動性モデル

あるエリアから別のエリアへの細胞の移動は科学的なシグナルに対する応答で、細胞の分化や創傷治癒、胚発生、血管新生、腫瘍の転移などの多様な細胞の機能の中核をなすものです。

あるエリアから別のエリアへの細胞の移動は科学的なシグナルに対する応答で、細胞の分化や創傷治癒、胚発生、血管新生、腫瘍の転移などの多様な細胞の機能の中核をなすものです。

組織モデルのためのツール

Corning FluoroBlok™

Corning FluoroBlok™

Corning FluoroBlokは、遮光性のメンブレンで、細胞遊走実験で遊走しなかった細胞を後からぬぐい取る必要がありません。経時的・エンドポイント両方の遊走・浸潤アッセイを行うことができます。

今すぐ注文

ハイドロゲル

ハイドロゲル

Corning マトリゲル基底膜マトリックスなどの天然のハイドロゲルや合成ハイドロゲルは、Corning パーミアブルサポート製品と組み合わせて使用することで、あらゆる3Dアプリケーションにおける生理学的なメカニズムの研究に役立ちます。

さらに詳しく

組織モデルのアプリケーションサポート

組織モデルのアプリケーションサポート

パーミアブルサポートセレクションガイド

メンブレンの種類、ポアサイズ、フォーマット、表面処理の正しい組み合わせを選んで

さらに詳しく

器官型モデルにおけるケラチノサイトの分化

ケラチノサイトの不死化細胞株であるKer-CTは、3D培養モデルでの器官型皮膚と同等のものに分化することができます。

さらに詳しく

細胞の遊走、走化性、浸潤

本プロトコールは、トランズウェルパーミアブルサポート製品を使ってBMEバリアを通る細胞浸潤アッセイを行う際のステップを示した概要です。走化性アッセイを行う際の注意点も記載されています。

さらに詳しく

蛍光検出できる癌細胞浸潤アッセイ

コーニングの研究者は、蛍光検出できる癌細胞浸潤アッセイシステムを開発するために、FluoroBlokインサートシステムを使用して転移を阻害する化合物を調べました。

さらに詳しく

技術サポート - 新しい業界基準の設定