組織画分 | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

このサイトは最新のウェブブラウザで快適にご覧いただけます。よりよい環境でご覧いただくためにブラウザを更新してください。

Close[x]

薬物動態(ADME)に関する代謝試験の成果を向上

Corning® Gentest™組織画分は、薬物化合物の毒性や薬物動態特性(代謝安定性、薬物間相互作用、リアクションフェノタイピング、代謝物同定など)を予測する前臨床代謝試験にお使いいただけます。肝臓や腸の組織画分を幅広く取り揃え、CYPおよびUGTを含む主要な代謝酵素について十分な特性評価を行っています。組織画分は、プールドドナーまたはシングルドナーで提供しております。

プールドドナーは、大集団の触媒活性の平均プロファイルを表しており、定量的な代謝試験での個人間のばらつきを最小限に抑えています。Corning UltraPool™ HLM 150は、初めて市販されたドナーの大規模プールす。平均的な患者集団および既知のCYP多型をほぼ正確に反映しています。それによって複数年のプログラムでも一貫した実験結果を可能にし、HLMの新たなロットの適格性を評価する時間を省くことができます。

シングルドナーのHLMプールは、低度から高度までのさまざまな活性レベルで提供され、ヒト集団で認められた個々のP450の発現の不均一性を表しています。異なるCYP触媒活性レベルを有するさまざまなドナーから柔軟な選択が可能であり、特定のCYPによる代謝試験を行い、CYP活性に関するフェノタイピングおよび相関性の検討が可能です。

Corning Gentest組織画分関連製品は、そのすべての製造過程で多くの対策を講じることで、品質を保証し、ロット間のばらつきを抑えています。コーニングでは、ヒト材料を入手するに当たり、米国を拠点とする臓器調達機関(OPO)のみを供給源とし、かつ高水準の倫理基準と厳密なトレーサビリティに準拠しています。また、出荷前の血清学的検査など高い安全基準を遵守し、さらにHIV I/II、B型肝炎、C型肝炎、HTLV I/IIおよび梅毒のPCR検査を実施しています。

Corning Gentest 組織画分

購入方法

購入オプション

製品カタログ

製品カタログ

製品検索ができます

製品検索ができます

代理店

代理店

コーニングの正規契約代理店にコンタクトしてください。 不明な場合は、弊社(03-3586-1996)までお問合せください。

コーニングの正規契約代理店にコンタクトしてください。 不明な場合は、弊社(03-3586-1996)までお問合せください。

カスタマーサービス

カスタマーサービス

製品の選択でお困りの際は、電話、FAX、または電子メールでお問合せください。

製品の選択でお困りの際は、電話、FAX、または電子メールでお問合せください。

ニュース

注目製品、リソースなど

ドナー数を最適化した、一貫性のあるプールドHLM

ドナー数を最適化した、一貫性のあるプールドHLM

CYP活性分布を300ドナー以上で概要解析。

ドナー数を最適化した、一貫性のあるプールドヒト肝臓ミクロゾーム

300人以上のドナー肝ミクロゾームのCYP活性について詳細な統計的解析を行ったところ、プールドヒト肝ミクロゾームにおける各CYP活性のロット間差を測定誤差以内とするためには、プール数は従来の50ドナーの倍以上にすべきであるということが分かりました。さらに詳細な検討の結果、プール数150がスイートスポットであり、主要CYP活性のロット間差が総合的な測定誤差内に収まるとともに、それを構成する個別ドナー肝ミクロゾームの調達と品質管理の上でもベストであるという結論に至り、以上のことからCorningでは男性75・女性75からなる男女同等混合の UltraPool HLM 150 を開発して製品化しました。

続きを読む

UltraPool HLM 150 の特性評価

UltraPool HLM 150 の特性評価

Corning UltraPool HLM 150の特性データの詳細を示します。

Corning UltraPool HLM 150 の特性評価

本技術資料では、初めて市販されたドナーの大規模プールUltraPool HLM 150の特性を示す詳細なチャートとグラフを記載しています。

続きを読む

時間依存型およびNADPH依存型の特異的阻害

時間依存型およびNADPH依存型の特異的阻害

可逆的阻害のプロトコールに基づく情報および結論を示します。

フルオキセチンのエナンチオマーによるCYP2C19の時間依存型およびNADPH依存型の特異的阻害

本アプリケーションノートでは、フルオキセチン、その(R)-エナンチオマーと(S)-エナンチオマー、チクロピジン、可逆的CYP2C19阻害剤S-ベンジルニルバノールの比較研究に焦点を当てています。可逆的阻害のプロトコール(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸NADPH不使用で肝臓ミクロゾームを30分間プレインキュベート)において、(R)-、(S)-およびラセミ体フルオキセチンは、IC50がそれぞれ17 μM、67 μMおよび27 μMとなり、中等度の阻害剤であることが判明しました。また、それ以外にも複数の重要な結論が得られています。

続きを読む

時間依存的シトクロムP450阻害アッセイ

時間依存的シトクロムP450阻害アッセイ

該当するFDAガイダンスおよびGLPに従って開発された時間依存的アッセイについて説明します。

LC/MS検出法を用いたシトクロムP450阻害に関するGLP下の時間依存的アッセイのバリデーション

本アプリケーションノートでは、新薬開発における時間依存的P450阻害の重要性を考察し、コーニングのサイエンティストの開発した手法を説明しています。これらのアッセイを実施するための条件とベストプラクティスの詳細も含めています。

続きを読む

サポート

リソースおよびサポート

FAQ: 組織画分

FAQ: 組織画分

Corning Gentest組織画分のラインナップをフル活用するために、必要な回答を得ることができます。

よくある質問: Corning Gentest組織画分

あらゆる代謝ベースのアッセイを支えるCorning Gentest組織画分について、保存方法や安定性に関する質問からミクロゾーム懸濁液の最善の混合方法まで、よくある質問への回答を得ることができます。

続きを読む

薬物動態 (ADME) テクニカルリソース

薬物動態 (ADME) テクニカルリソース

コーニングでは、製品および主要アプリケーションをサポートする技術資料(アプリケーションノート、技術報告、取扱説明書、選択ガイド、ユーザーガイドなど)を幅広くご用意しています。

さらに詳しく

Corning Gentest の受託研究サービス

Corning Gentest の受託研究サービス

ADME専門の研究ディレクターがサポートします。

受託研究のエキスパートのサポートで、研究を次のレベルへ

研究に個別の専門的アドバイスをご要望ですか。コーニングの薬物動態(ADME)専門の研究ディレクターが、研究チームのヘルパーまたは事実上のパートナーとなって、創薬および非臨床のゴールに到達するパワーを強化。準備は万端です。Corning Gentestの研究ディレクターは、薬物動態(ADME)研究および法規制のコンプライアンスを熟知しており、技術開発や法規制の急速な変化にも精通しています。

さらに詳しく

関連製品

その他の関連製品