Supersomes™組換え薬物代謝酵素 | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

このサイトは最新のウェブブラウザで快適にご覧いただけます。よりよい環境でご覧いただくためにブラウザを更新してください。

Close[x]

安定的な活性と高い品質、研究者の最初の選択肢です

Corning® Gentest™ Supersomes™組換え薬物代謝酵素製品ラインには、40種類以上のヒトおよび動物シトクロムP450アイソフォーム、UDPグルクロン酸転移酵素(UGT)、フラビン含有モノオキシゲナーゼ(FMO)、モノアミン酸化酵素(MOA)、可溶性N-アセチル転移酵素(NAT)、カルボキシルエステラーゼ(CES)などがあります。

これらの製品は、組換えバキュロウイルスをトランスフェクトした昆虫細胞を用いて製造しているため、非常に高い触媒活性を示します。多くの酵素について、ヒトプールド肝臓ミクロゾーム(HLM)との触媒活性の対照比較が可能です。

このデータはEメールで入手できます:Scientificsupport@corning.com

高品質のSupersomes試薬を選択することで、薬物間相互作用スクリーニング、代謝の遅い化学物質の研究、または構造同定を目的とした代謝物の大規模生成に欠かせないツールが手に入ります。

Supersome 代謝酵素

購入方法

購入オプション

ニュース

注目製品、リソース、サポート

Corning Supersomes 酵素のアプリケーションノート

Corning Supersomes 酵素のアプリケーションノート

創薬段階で、個々のCYPアイソフォームが薬物クリアランスに寄与する過程を評価するさまざまな研究方法をご覧ください。

創薬におけるCorning Supersomes酵素を用いたシトクロムP450酵素マッピング

基質欠乏を評価する相対的定量法が、創薬過程で特性と系路をスクリーニングしリード最適化するにあたり、いかに望ましく有用であるかをご覧いただけます。データ解析にRAF法とISEF法を適用する方法が学べます。

さらに詳しく

シトクロムP450阻害アッセイのFAQ

シトクロムP450阻害アッセイのFAQ

このテクニカルノートをご覧いただくと、supersome酵素、HLM、および肝細胞を用いる酵素阻害アッセイの構築方法を理解できます。

Corning® Gentest™シトクロムP450阻害のFAQ

これらのアッセイの仕組みと方法を理解できます。これらの実験を始めるためのヒントと最良の手順を学べます。

さらに詳しく

ADME/Tox研究のアウトソーシングをご要望ですか。

ADME/Tox研究のアウトソーシングをご要望ですか。

Corning Gentest受託サービスチームが、エキスパートの視点でアドバイスします。

Corning Gentestの受託研究サービス

研究に専門的アドバイスが必要なとき、コーニングのADME専門の研究ディレクターが研究チームのヘルパーまたは事実上のパートナーとなって、創薬および前臨床のゴールに到達するパワーを強化。準備は万端です。コーニングの研究ディレクターは、技術開発や法規制の急速な変化に精通し、最新の知識を備えています。

さらに詳しく

テクニカルリソース

テクニカルリソース

テクニカルリソース

コーニングでは、製品および主要アプリケーションをサポートするさまざまな技術資料(アプリケーションノート、技術報告、取扱説明書、選択ガイド、ユーザーガイドなど)を提供します。

さらに詳しく

関連製品

その他の関連製品