組換えSupersomes™酵素 | Corning

Corning® Gentest™ Supersomes™

組換え薬物代謝酵素

組換え薬物代謝酵素

安定的な活性と高い品質、研究者の最初の選択肢です

Corning® Gentest™ Supersomes™組換え薬物代謝酵素製品ラインには、40種類以上のヒトおよび動物シトクロムP450アイソフォーム、UDPグルクロン酸転移酵素(UGT)、フラビン含有モノオキシゲナーゼ(FMO)、モノアミン酸化酵素(MAO)、ヒトアルデヒドオキシダーゼ(AO)、可溶性N-アセチル転移酵素(NAT)、カルボキシルエステラーゼ(CES)などがあります。

これらの製品は、組換えバキュロウイルスをトランスフェクトした昆虫細胞を用いて製造しているため、非常に高い触媒活性を示します。多くの酵素について、ヒトプールド肝臓ミクロゾーム(HLM)との触媒活性の対照比較が可能です。

新製品として、哺乳類細胞発現系システムを活用したCorning Supersomes Ultra アルデヒドオキシダーゼ、リコンビナントヒトAO酵素がラインナップに加わりました。他の発現系では翻訳後修飾タンパク質が異なり、哺乳類細胞と比較すると機能に差が出るという問題がありました。今回の製品ラインナップの追加はその問題の解決を目指したものです。この製品は薬物代謝やクリアランスでのAOの役割を初期段階で評価することを可能にしてくれます。

具体的なデータはEメールで入手できます:ScientificsupportJP@corning.com

高品質のSupersomes試薬を選択することで、薬物間相互作用スクリーニング、代謝の遅い化学物質の研究、または構造同定を目的とした代謝物の大規模生成に欠かせないツールが手に入ります。

Corning Supersomes Ultraヒトアルデヒドオキシダーゼ (AO)のトライアルに興味がありますか?こちらのリクエストフォームからお申し込みください。

組換えSupersome代謝酵素

購入方法

購入オプション

関連製品

おすすめの関連製品