薬物動態研究 | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

このサイトは最新のウェブブラウザで快適にご覧いただけます。よりよい環境でご覧いただくためにブラウザを更新してください。

Close[x]

変化し続ける環境下では、十分な情報に基づく決断を。コーニングにお任せください。

概要

進化する創薬研究の歴史

進化する創薬研究の歴史

1983年に設立したGentestブランドは、当初、GLP遺伝毒性アッセイで使用する培養ヒト細胞に特化していました。1985年にシトクロムP450 cDNA発現法が開発され、異物代謝の領域に研究活動が拡大したことで、1990年のcDNA発現系ヒトシトクロムP450酵素の初めての市場参入につながりました。以降、Gentestブランドの製品幅は、組換えシステムからin vivo-likeな初代肝細胞システムに至るまで、劇的な広がりをみせています。現在もGentestはコーニングのライフサイエンスの一員として製品をさらに成長をさせ、創薬と薬剤開発の最前線に立つお手伝いをしています。

コーニングの研究者は、シトクロムP450 cDNA発現、in vitro異物代謝および薬物トランスポーター技術の分野で国際的に認められた第一線のイノベーターです。研究への真摯なコミットメントは、競争の激しい国立衛生研究所(NIH)研究助成を複数受けています。研究結果とそのアプリケーションについては、専門誌や国際シンポジウムにおいて、コーニングの研究者や同業者、異物代謝に興味を持つお客様からも報告されています。

製品およびサービス

革新的な価値ある試薬および研究

ADME/Tox 試薬

アプリケーション

現実世界の研究を前へ進めます

購入方法

購入オプション

ニュース

注目製品、プロモーションなど

Corning® HepatoCells

Corning® HepatoCells

安定、一貫性、利便性

Corning HepatoCellsのシングルユースの凍結保存肝細胞は、ヒト初代肝細胞の優れた代替モデルです。

Corning HepatoCellsは、以下を可能にします。

  • 主なCYP酵素の高い活性誘導反応
  • CYP3A4およびCYP1A2を10倍以上誘導
  • 一貫したパフォーマンス
  • ロット間のばらつきを低減
  • 高純度の細胞(肝細胞様細胞99%超)
  • バイアル当たり細胞数が8 x 106以上
さらに詳しく

Corning TransportoCells SLC トランスポーター細胞

Corning TransportoCells SLC トランスポーター細胞

パフォーマンスに優れた、凍結保存哺乳類細胞。

Corning TransportoCellsは、安定した細胞系の培養および維持にかかる時間を削減しながら、安定したなデータの供給を行います。アッセイには以下が含まれます。

  • リアクションフェノタイピングにより、被験物質が特定のSLCトランスポーターによって細胞外から細胞内へ輸送されるか否かの判定
  • テストコンパウンドの取り込みのためのKmとVmax値を決めるためのキネティックアッセイ
  •  DDIスクリーニングのためのIC50とKi 値を決めるための阻害プロファイリング

簡便で、コスト効率がよく、検証済みのトランスポーター細胞株の Corning TransportoCells を研究のアプリケーションとしてご検討ください。

続きを読む

コーニングの組換え酵素関連製品

コーニングの組換え酵素関連製品

高い触媒活性を有するバキュロウイルスを用いた遺伝子導入昆虫細胞発現系を用いて調製。

Supersomes™酵素は、薬物間相互作用のハイスループットスクリーニング、代謝の遅い化学物質の研究、または構造同定を目的とした代謝物の大規模生成に適しています。Corning Supersomes酵素は、極めて高い触媒活性を有するバキュロウイルスを用いた遺伝子導入昆虫細胞発現系を用いて調製しています(平均的なHLMの概ね6倍超)。

さらに詳しく

キャリブレーション曲線に基づくアプローチの評価

キャリブレーション曲線に基づくアプローチの評価

Corning Gentest ヒト凍結肝細胞は、キャリブレーション曲線に基づく評価に使用されています。

Zhangらの研究によれば、Corning Gentest ヒト凍結肝細胞を使用して、in vitroのCYP3A4 mRNAの濃度反応曲線を解析することで肝臓のP450誘導量の評価が可能であり、またヒトの血中濃度曲線下面積(AUC)の変化とin vivoのCYP3A4 mRNA活性パラメータとの関連性を予測しました。

 

本研究によって、ヒトの患者のCYP3A4誘導を予測するためのキャリブレーション曲線モデルとヒト肝細胞の使用が支持されており、クリニカルトライアルの可能性のある新しい薬物治療への道を開きます。

 

さらに詳しく

注目のリソース

TransportoCells に関するFAQ

溶質キャリアー(SLC)を過剰発現させたCorning TransportoCellsの導入に伴い、コーニングでは薬物間相互作用アッセイを目的としたスクリーニングおよび段階的アプローチのための関連サービスを充実させました。

ご質問は、コーニングの新しい凍結保存SLCトランスポーター細胞に関するFAQをダウンロードするか、またはお問い合わせください。

続きを読む

ウェビナー: SLCトランスポーター研究のための、解凍後すぐに使用できる新規のセルベースモデル

最新のTransportoCells製品が、in vitroのSLCトランスポーターと薬物の相互作用の評価を支えます。ぜひご確認ください。この新モデルは、解凍後すぐに使用できる使いやすいセルベースのトランスポーターモデルであり、ロバストな活性と一貫性のあるパフォーマンスを備えています。

今すぐ見る