Data Center Infrastructure Solutions: Define Your Needs | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

不確実な世界に確実性を

データセンタ・配線インフラ

競争優位性と所有コスト削減

競争優位性と所有コスト削減

データセンタの大型化と成長が続く中、現在・将来の成功のためには優れた配線インフラ計画が不可欠です。配線インフラにおいてクリアすべき重要な課題は、信頼性、管理の容易性、拡張性および柔軟性です。構造化配線システムでは、ネットワークの拡大に応じてインフラを移動、追加、または変更するという一般的タスクに対応する柔軟な計画策定が可能になります。優れた光ケーブルインフラ計画には、通常20年以上にわたり同インフラを利用できることや、複数回のシステム機器ソリューションや数世代にわたるプロトコルデータレートの増加を経ても継続的に運用できることが求められます。

 

現代のデータセンタにおける配線インフラの場合、競争優位性と所有コスト削減が迅速に得られるよう設計する必要があります。そのため、データセンタの配線インフラ設計・計画プロセスの早い段階で、データレート40Gや100Gの高速化に加え、クラウドコンピューティングや仮想化といった次世代アプリケーションへの進化にも対応可能なものにしておかなければなりません。

データセンタの課題

検討が必要な4つの課題

未来につながるデータセンタを創出

未来につながるデータセンタを創出

データセンタとは、その名が示すように、ネットワークにおいてデータの処理、ルーティング、ストレージを行う施設です。データ集約型アプリケーションのオンライン化が進む中、効率性向上の重要性が増しています。このため、データセンタの計画・設計時において、ラックスペース、ケーブルルート、冷却、設置、メンテナンス、リスク回避が重要な検討事項となっています。

現代のデータセンタにおける配線インフラの場合、競争優位性と所有コスト削減が迅速に得られるよう設計する必要があります。そのため、データセンタの配線インフラ設計・計画プロセスの早い段階で、データレート40Gや100Gの高速化に加え、クラウドコンピューティングや仮想化といった次世代アプリケーションへの進化にも対応可能なものにしておかなければなりません

Read More

構造化配線ソリューション

EDGE8 ・ EDGE

コネクタ付きケーブルアセンブリ

事前終端処理オプティカルケーブルソリューション

事前終端処理オプティカルケーブルソリューション

サーバーを積み上げ、大きなテープカルーセルを用いていた時代は過去のものとなり、現在のデータセンタではブレードサーバやRAIDシステムが用いられています。こうした中で、配線インフラストラクチャは、データセンタにおいて絶えず変化するニーズに対応可能でなければなりません。最も効率的な光通信インフラは、工場で終端処理済みのコンポーネントのみを使用するインフラです。全てのコネクタの取り付けと試験が工場段階で済んでおり、設置中のコンポーネント損傷を防ぐようパッケージされています。

設置者はコンポーネントの梱包を解き、コネクタ付きケーブルアセンブリを引き出し、コネクタを全て差し込み、パッチコードを使って終端装置に接続するだけです。これでシステムが稼働します。最速の設置方法であり、サーバーの迅速な使用開始に最適なソリューションです。一刻も早く使用したい顧客の期待を裏切るリスクが極めて低くなります。

Read More

コネクタ付きケーブルシステム

プラグ&プレイで時間短縮

プラグ&プレイで時間短縮

コネクタ付きケーブルシステムにより、垂直・水平管理が簡素化されます。データセンタとLANシステムの設計者を悩ませる最大の問題のひとつが、機器の格納に使うラック・キャビネット内のケーブル管理です。また、クロスコネクトやインターコネクト、ならびにデータセンタやLAN全体に用いられる幹線ケーブルのケーブル管理も同様です。通常、商業ビル内の設置においては、光ファイバ配線リンクは作業現場で組み立てられます。コーニングは、こうした従来の方法に代わる、工場で終端処理した組み立て済みのコンポーネントを使用するソリューションをご提供します。

省スペースかつ迅速な敷設

省スペースかつ迅速な敷設

MTP®コネクタのメリット

長く業界に携わってきた専門家は、無数のファイバを1本ずつ接続していたかつての耐え難い日々を思い起こすかもしれません。2000年代にデータセンタの数が急増し、設計者と設置者は、シングルファイバや2ファイバのコネクタソリューションを数百、数千規模で管理しなければなりませんでした。スペースの制約が一層厳しくなる状況下で大量のコネクタを収納する必要に迫られた設置者と設計者は、それぞれ個別の課題も抱える中でストレージと配線のソリューションの策定に苦慮しました。

ありがたいことに、マルチファイバプッシュオン(MPO)コネクタなどが出現したおかげで、そうした苦労は過去のものとなりました。MPOフォーマットにより、特に並列光アプリケーションにおいて、ネットワークテクノロジーの設置と敷設に必要な時間、手間、スペースが大幅に減りました。

技術連携