Enterprise/Private Data Center

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

最新かつセキュアなデータセンタネットワークインフラ向けソリューション

エンタープライズ/プライベートデータセンタ

エンタープライズ/プライベートデータセンタ

エンタープライズまたはプライベートデータセンタは、多くの企業の「生命線」です。E コマースプラットフォーム、VPN サービス、または製造、マーケティング、人事をサポートするさまざまなプログラムなど、ネットワークインフラには、信頼性、柔軟性、管理性が求められます。さらに、新しい技術や機器の登場により、高速化、大容量化、低遅延化が求められており、これらを実現するためのデータセンタが必要とされています。ネットワークインフラの拡張性、データセンタ標準への適合性、そして今日のトレンドとテクノロジーに伴う新たなセキュリティ上の課題にどう対処していくかが、エンタープライズデータセンタネットワークを成功させる鍵となります。

クラウドやホステッドサービスへの導入の場合、またはオンプレミスのデータセンタの 10G から 40G、100G、または 400G への移行の場合であっても、パッシブ光ケーブルソリューションを使用すれば、コーニングの終端処理済みPlug & Play™EDGE™、および EDGE8® ソリューションを使用することで、現在および将来のビジネスチャンスを柔軟にプランニングし、実行していくすることができます。

ソートリーダーシップ

ネットワークダウンタイムのコスト

ネットワークダウンタイムのコスト

ローカルエリアネットワーク(LAN)およびデータセンタ空間における構造化配線コンポーネントのセキュリティと信頼性は、世界中のビジネスの成功に不可欠です。世界の接続性が高まるにつれ、ダウンタイムにつながる障害は、収益と生産性に大幅な損失をもたらすだけでなく、顧客から疑念を持たれる可能性もあります。ダウンタイムとは何でしょう。また、なぜ重要なのでしょう。

Learn More

ポートのブレイクアウト:経済性

ポートのブレイクアウト:経済性

ポートのブレイクアウトの導入は、今や一般的なネットワーキングツールとなり、業界の並列光トランシーバへの需要増を牽引しています。現在、ポートのブレイクアウトは主に、40/100 Gbps(40/100G)の並列光トランシーバを4つの10/25 Gbps(10/25G)リンクとして運用するために使用されています。パラレルポートをブレイクアウトすることは、大規模なspine-and-leaf 型ネットワークの構築や、今日の高密度10/25Gネットワークの実現など、複数のアプリケーションにメリットをもたらします。

Learn More

ネットワークを制御できているのか、制御されているのか

ネットワークを制御できているのか、制御されているのか

皆さんがこれまで、信頼性が高く、堅牢で高性能なネットワークシステムを構築するために何千万ドルもの投資をしてきたとして、今、いくつかの深刻な疑問を改めて考えてみる必要があるでしょう―パフォーマンスの向上、信頼性の向上、ネットワークの利用率の向上を図るために、何をすべきでしょうか。積極的に行動するのか、それともシステムに遅延が生じたり、スイッチの過剰利用で重要なアプリケーションがクラッシュし始めた場合に初めて行動(対応)するのでしょうか。システムに賭けることは、自社、顧客、評判を犠牲にする価値があるのでしょうか。これらすべての質問に対する答えとなるのが、ネットワークモニタリングです。

Learn More

データセンタでの40-100Gマルチモード接続

データセンタでの40-100Gマルチモード接続

マルチモード光ファイバが現在も最大 150 メートルまでの短距離のデータセンタにおける主要な光メディアであることに変わりはありません。データセンタの 10G および 25G サーバ接続を容易にするために、40G /100G マルチモード光ファイバ基幹ネットワークが導入されています。マルチモードファイバは、垂直共振器面発光型レーザ(VCSEL)の利用を可能にし、組み合わせによる低コストの光接続性と電子ソリューションを提供します。

Learn More

4つのデータセンタの考察

信頼性

データセンタの構造化ケーブルソリューションは、安定性を提供し、24 時間 365 日のアップタイムを実現する必要があります。アップタイム要件は、データセンタに実装されている「ティア」レベルで区分されており、Uptime Institute によって定義されているティア 1 からティア 4 までの範囲となります。Tier 4 データセンタでは、99.995% のアップタイム要件があり、年間 30 分の 1 時間未満となっています。

管理性

データセンタの定数は変化するため、ケーブルインフラは、変化する要件に対応するためにモジュール化する必要があります。移動、追加、変更が必要な場合は、最小限のダウンタイムでこれらの調整ができることが不可欠です。

拡張性

光接続の種類を選択する際に重要な要素は拡張性です。拡張性とは、サーバ、スイッチ、またはストレージデバイスの追加によるデータセンタの物理的拡張だけでなく、データレート向上のための移行経路をサポートするためのインフラ拡張性を意味します。技術が進化し、40/100G イーサネット、ファイバチャネル (32G~)、InfiniBand (40G~) などのデータレートを定義する規格が完成した暁には、現在設置されているケーブルインフラは、将来の機器をサポートするために、より多くの帯域幅の必要性に対応する拡張性が必要となります。

柔軟性

技術やシステム機器のアップグレードが進む中、今日導入されているインフラは、必要とされる変化に容易に適応し、対応できるように柔軟性を持たなければなりません。

ツールとリソース