Fiber to the Premise | Optical Communications | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

Fiber to the Premise(FTTP)

Fiber to the Premise(FTTP)

FTTP(Fiber to the premises)とは、光ファイバを一戸建て集合住宅、企業などの個々の建物に直接設置し、高速ブロードバンドアクセスを提供することです。FTTP は、従来の銅線インフラと比較して、ブロードバンドネットワークの接続速度と信頼性を飛躍的に向上させます。

コーニングは、ネットワーク事業者が高帯域幅需要を先取りし、敷設を加速し、ネットワークパフォーマンスを向上させ、コストを最小限に抑えるソリューションを提供することで、新たな機器の実現を支援しています。お客様の声を直接取り入れて開発された当社のFTTPイノベーションにより、すでに全世界5,200万軒以上の家庭に光ファイバ接続が実現しています。

FTTPの記事、トレンド、洞察

皆さんのネットワークは、ネクストステップへの準備ができていますか

皆さんのネットワークは、ネクストステップへの準備ができていますか

日進月歩で新たなテクノロジーブレークスルーが生まれています。皆さんのネットワークは、変化する顧客の期待に応える準備ができているでしょうか。ネットワークを進化させて需要増を先取りすることは容易ではありませんが、コーニングはあらゆる面でサポートを提供します。当社の専門家が、メタルネットワークからファイバへの明確な移行戦略を作成し、提供することで、長期的な成功への道を歩むことができます。

Learn More

FTTH―イノベーションの歴史

FTTH―イノベーションの歴史

約50年前に世界初の低損失光ファイバを発明したように、コーニングは世界のつながり方に変革をもたらしてきました。新製品や新技術の共同開発に投資し、お客様の総所有コストを削減しつつ、ネットワークパフォーマンスの向上とより迅速なネットワーク敷設を実現しています。コーニングは、技術面だけでなく、お客様への信頼性の高い供給を確保するための施設拡張や、FTTxポートフォリオを拡大するための戦略的買収にも投資しています。

Learn More

ネットワークの構築を超えて―Day 2に向けて

ネットワークの構築を超えて―Day 2に向けて

重要なインフラの決定を評価する際には、ネットワーク構築が完了した時点で、Day 2に発生する運用上の課題を含む、すべての要因が含まれていることを確認しなければなりません。

Learn More

Networks

FTTP

FTTP は、一般的に、個人の家庭、企業、アパートなど、加入者の敷地内(premise)にサービスを提供する光ファイバネットワークを指す言葉として捉えられてきました。しかし、光ファイバがこれまで以上にネットワークの奥深くまでデバイスを行き渡らせる媒体となっている今、「敷地内」の対象範囲はますます広くなっています。Fiber-To-The-X (FTTX) と呼ばれるような、「X」にあたる新たな用途が毎年誕生しています。

FTTH

FTTHは世界的に急増しています。帯域幅への欲求が高まり続ける中、従来の通信事業者やケーブル事業者、政府機関、ISPはいずれも、加入者の光ファイバ接続を可能にするための経済性に優れたソリューションを模索しています。

Read More

FTTU

ファイバ・ツー・ザ・ユニット (FTTU) は、多くの場合、生活ユニットを指し、多くの場合、集合住宅 (MDU) にあることを特徴としています。

Read More

FTTC

ファイバ・ツー・ザ・カーブ (FTTC) は、主に xDSL 技術をサポートする通信アーキテクチャを指します。光ファイバは完全にパッシブではなく、ネットワークの深部にまで到達しますが、既存のツイストペアメタルケーブルを利用して、加入者のアクティブな電子機器までの通信接続をサポートします。

Read More

FTTSC(Small Cell)

無線の需要が高まるにつれ、光ファイバを利用したマクロタワー基地局は、タワーからラジオッド自体に到達するFTTA(Fiber to the antenna)へと進化しました。4G/5G が普及するにつれ、オペレータは、エンドユーザーにより優れたモバイルブロードバンド体験を提供するために、より広いメッシュのスモールセルに大きく依存するようになっています。これに適しているのが光ファイバです。 ファイバ・ツー・ザ・スモール・セル(FTTSC)の導入においては、高密度化=「ガラス化」になります。

Read More

FTTD(Desk)

光ファイバを水平方向にさらに伸ばし、銅線のローカルエリアネットワーク (LAN) から置き換えていく屋内ネットワークは、多くの場合、ファイバ・ツー・ザ・デスク(FTTD)、ファイバ・ツー・ザ・ゾーン(FTTZ)と呼ばれています。設備投資を削減するために「一度に配線する」ことで、企業やビルのオーナーは、携帯電話や Wi-Fi サービスが LAN 構築に統合される統合化機器への投資を検討しています。

Read More

FTTN(Node)

ファイバー・トゥ・ザ・ノード(FTTN)は、DOCSISプロトコルをサポートするケーブル事業者のハイブリッドファイバー同軸(HFC)ネットワークを一般的には指します。信号はファイバーが接続されるアクセスディストリビューション内の光-電気(O / E)ノードでO/E変換され、加入者への既存の同軸ケーブルに渡されます。ファイバディープアプリケーションでは、全体的な帯域幅とパフォーマンスを向上させるために、増幅器のカスケードが削減されます。

Read More

FTTS(Server)


モノのインターネット(IoT)の大規模な拡大とそれに伴う技術的要件により、データセンタへの需要が高まる中、データを効率的に管理し、維持することは、ビジネスの成功に欠かせない要件となっています。完全所有型、外注型、いずれのデータセンタでも、光ファイバは現在および将来の広帯域化に対応するために極めて重要です。

Read More

FTTB(Business)

ファイバ・トゥ・ザ・ビジネス(FTTB)の機会により、ネットワーク事業者は非常に利益性の高いサービスを提供するようになってきています。一戸建て住宅 (SFU) や集合住宅 (MDU)と同じ受動光ネットワーク (PON) によってサービスを提供されている事業者は、より高い帯域幅を必要としており、多くの場合、ユーザー 1 人当たりの平均収益 (ARPU) は増加しています

お客様のFTTHネットワークニーズにどのようにお応えできるでしょうか

接続性を改めて定義する

ツールとリソース