Corning Tap Modules

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

ネットワークモニタリングとは

ネットワークモニタリングとは、ネットワークのパフォーマンス、使用状況、故障、外部からの脅威などを常時モニタリングし、問題が発生しそうな場合には通知するシステムを使用することを意味します。

なぜネットワークモニタリングなのか

ネットワークシステムの成功に欠かせないネットワークモニタリングにより、脅威やパフォーマンスの問題を自動的に検出して対応できます。

モニタリング対象

  • 収益面:システム障害による損失を回避
  • セキュリティ上の脅威
  • パフォーマンスの問題
  • ネットワーク利用(過度の負荷)
  • 最適化(I/Oボトルネック)
  • トラブルシューティング
  • 規制対応(SEC、HIPAA)

解析ツールを適用するためには、まずネットワーク層のデータを抽出する必要があります。ネットワークデータを抽出して分析できるようにするには、一般的に2つの方法があります。

SPAN ポート (解析用スイッチポート) (アクティブ) g SPAN (またはミラーリング) は、モニタリング用に 1 つのポート (または VLAN) のパケットを複製するために作成されたものです。

当社の TAP モジュールは、パッシブスプリッティングを使用して、データストリームの干渉を受けることなく、インライントラフィックを接続したモニタリング装置に送信します。

製品情報

製品情報

EDGE™/EDGE8® タップモジュール

EDGE/EDGE8タップモジュールは、ダウンタイムとリンクロスを抑制しつつネットワークのパッシブ光タップを実現し、他の光タップオプションと比較してラックスペースの利用率と密度を向上させます。

ネットワークリンク内に別途デバイスを追加する必要がある他のパッシブ光学タップソリューションとは異なり、EDGE/EDGE8 タップモジュールは、パッシブ光学タップ向けの結合技術を構造化配線コンポーネントであるモジュールに統合します。システムのライブトラフィックを中断することなくモニタリングポートを追加することができ、パッシブ光タップをモジュールに統合することで、リンク内の挿入損失が削減されます。