Central Office / Headend / Mobile Switch Center

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

すべてのネットワークの中核

すべてのネットワークの中核を成すのが、セントラルオフィス(CO)、ヘッドエンド(HE)、またはモバイルスイッチセンタ(MSC)です。これらは、伝送装置等通信機器が設置されている地上設備です。これらの装置は、音声、テキスト、データなどのサービスをエンドユーザーに提供するために、通信信号を送受信しており、接続デバイス数が飛躍的に増加する中、5Gなどの需要や進化に対応すべく、光通信ネットワークの進化が求められています。セントラルオフィス(CO)は通信ネットワークを介してすべてのデバイスを利用可能にする役割を担っており、その設備は、今後もすべてのネットワークの中でも重要な役割を担いいますので、注視していかなければなりません。

ネットワーク事業者は、さらなる広帯域化への対応や提供サービスの強化という大きな課題に直面する中、CO/HE/MSC等の局内設備計画の再評価を行っています。コーニングの光ファイバハードウェアおよびケーブルアセンブリソリューションは、COHEMSCの設計及び設置のシンプル化を実現します。当社の多彩な製品ラインナップは、高密度で柔軟にネットワーク構築することができ、TCO(総所有コスト)も最低限まで削減可能です。

CO、HE、MSC向けの局内設備のソリューションに加え、コーニングは局外設備のソリューションも提供しています。戸建て住宅集合住宅ブロードバンドコミュニティなどに関するFTTHソリューションについては、FTTHサイトをご覧ください。ケーブルテレビMSO(Multiple System Operator )ソリューションについては、ハイブリッド光ハイブリッド(HFC)サイトをご覧ください。

記事、トレンド、および考察

テクノロジーを活用した次世代サービス提供

テクノロジーを活用した次世代サービス提供 カナダ Ontario & Trumansburg Telephone Companies社の事例

従来、光ファイバベースのブロードバンドアクセスを拡大するには、現場で光ファイバを融着接続する必要がありました。このプロセスは時間と熟練した労働力を必要とするだけでなく、悪天候、労働力・材料不足、人為的ミスによる遅延の影響に大きく左右されがちです。事業の中心に常にイノベーションを据えてきたOntario & Trumansburg Telephone Companies社(OTTC)は、加入者と収益面に迅速な成果を挙げるために、テクノロジーと製造の進化に注力してきました。

続きを読む

ネットワークの広帯域化に対する対応

光波長多重通信(WDM)101

ネットワーク端末(携帯電話、テレビ、ノートPCなど)数の増加に伴い、通信ネットワークも十分な帯域幅を供給できるよう求められています。ネットワーク事業者が現在のインフラを活用しながらネットワーク密度を高め、広帯域ネットワークを構築可能にする主要テクノロジーのひとつとして、光波長多重通信(WDM)があります。

 

このウェブセミナーでは、WDMとは何か、そして次世代ネットワークの広帯域化に対するニーズにうまく対応していく上でWDMがいかに重要か説明します。動作の仕方、物理的コンポーネントに必要なスペック、通信業界における最適な使用法など、複数の質問にお答えします。

続きを読む

IoT設計上考慮すべき事項:トップ6

IoT設計上考慮すべき事項:トップ6

IoTに対する高度なサービスレベル要求に対応するために、エッジコンピューティングが提唱されるなど、通信事業者やサービスプロバイダでは、セントラルオフィス/ヘッドエンドにデータセンタ機能を含めようする取り組みが進んでいます。通信事業者がこうした加入者からの要求に対応していく上で、より重要なのは、事業者は「他社に先駆けて、加入者の要求に応えるネットワークを提供できるか」ということです。

通信事業者やサービスプロバイダが既存のネットワークを拡張するために考慮すべき6つのポイントを示します。

続きを読む

CO、HE、MSCサイトアーキテクチャー

CO、HE、MSCサイトアーキテクチャー

ネットワークの将来への備えとして、すべてを満たすような「万能」アプローチは存在しません。しかしコーニングには、お客様独自のネットワーク機能を最適化する拡張性に優れたソリューションを構築するために、幅広い用途のCO、HE、MSC製品を組み合わせてきた設計経験があります。局内設備には複数のコンポーネントが存在し、ユーザーがデバイスから信号を送受信できるようになっています。CO、HE、MSCサイトにおける製品の目的は、ポートレプリケーションによりアクティブ-パッシブ間のコスト効率性の高いポート管理を提供すること、そして、アクティブである通信機器からエンドユーザーのデバイス(携帯電話、ノートPC、テレビなど)に信号やサービスを伝送する局外設備と局内設備のトランジション・ポイントを提供することにあります。


これらのアーキテクチャの各部分と、アーキテクチャの各要素に対する当社の主要製品の詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

ケーブルアセンブリ製品 部品番号作成ツール

ケーブルアセンブリ製品 部品番号作成ツール

 ケーブルアセンブリは、見落とされがちですが通信設備内の配線システムの中で重要なコンポーネントです。当社の新たなケーブルアセンブリ設計ツールを用いることで、ユーザーは長さ、色、コネクタ形状、等様々な製品属性を確認しながら部品番号を作成することができます。

Configure Now!

Tools and Resources