Corning® セルカウンター

クラウドを生かした高速カウントテクノロジー

細胞カウントを手動と自動どちらで行うかは、長年にわたり難しい選択でした。手動細胞カウントは正確ですが時間がかかり、ユーザーの技量に左右されます。自動化された細胞カウントは、はるかに高速でユーザーの技量に左右されませんが、使い捨てカウンティングチャンバーのコストがかかります。しかし、そのような悩みはもう不要です。

Corning セルカウンターは、両方の利点を組み合わせたはじめての自動セルカウンターです。

  • 進化 – 定期的なアップグレードや新機能の追加、改良をシームレスに実施
  • 正確 – クラウドベースの機械学習アルゴリズムによる高精度化
  • 感度の向上 – 最小4 μmの細胞(PBMCなど)を正確にカウント
  • 低コスト – 一般的な再利用可能なガラス血球計算盤が使用でき、消耗品が不要
  • 高速 – オンライン画像処理による高速化

そのほかの利点

使いやすさ – セルカウンターの使用方法は簡単です。まず、セルカウンターをお使いのコンピューターもしくはタブレットPCに接続し、デスクトップ上でCytoSMARTアプリケーションを起動します。次に細胞懸濁液を流しこんだカウンティングチャンバーをステージ上に置きます。そして細胞に焦点を合わせて、カウントボタンを押します。セルカウンターのシンプルさにより、研究室で働くすべての人が特別なトレーニングなく簡単に細胞をカウントできます。

いつでもどこでもアクセス可能なデータ  – Corning セルカウンターを使用すれば、レポートがコンピューターに即座に表示された後にCytoSMARTクラウドに送信され、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで解析された画像と細胞数を参照することができます。CytoSMARTクラウドにはすべてのデータが保存されているため、ある特定の実験から次の実験までの細胞培養の状態を把握できます。

システム要件

  • Windows 10 のタブレットもしくはPC
  • ハイスピードインターネット/クラウドアクセス
  • USB 3.0 ポート
  • カウント細胞サイズ範囲:4 µm~70 µm
今すぐ注文

注目のリソース

Organoid Counting Software

オルガノイドカウント用ソフトウェア

複雑な形状やサイズを考慮し設計されたオルガノイドカウント用ソフトウェアは、2 つのバージョンの3D カウントアルゴリズムを導入しています。

さらに詳しく

Analyzing 3D Cell Culture

3D細胞培養の解析

Corning セルカウンターは、オルガノイドカウント用ソフトウェアを追加することで、3D 対象物の濃度や表面積のデータを迅速に取得することができます。

さらに詳しく

Autofocus Functionality for Mammalian Cells Counts

哺乳類細胞カウントのためのオートフォーカス機能

この実験では、Corningセルカウンターのオートフォーカスとマニュアルフォーカス機能を用いて、3種類の細胞株のカウントデータを比較しました。

さらに詳しく

10 Most Common Cell Counting Errors

セルカウンティングでよくある10の間違い

手動細胞計数は、簡単で比較的コストがかかりません。しかし、ミスも起こりやすい手法です。

さらに詳しく

5 Tips for Better Cell Counting

正しいセルカウンティングのための5つのコツ

これを読めば、より早く正確なセルカウンティングができるようになるでしょう。

さらに詳しく

Automated Cell Counters: Open vs. Closed Systems

オープンタイプかクローズタイプか

最適なセルカウンティング方法を決定するためには、作業者がオープンタイプとクローズタイプそれぞれの利点を理解している必要があります。

さらに詳しく

Trypan Blue Dilution Calculation and Histogram Gating for Corning Cell Counter Application Note

Corning セルカウンターのトリパンブルー希釈濃度補正とヒストグラムゲーティング機能

Corning セルカウンターに新しく2つの機能が追加されました。トリパンブルーを添加してカウントした際の自動濃度補正と、ヒストグラムゲーティング機能です。

さらに詳しく

技術サポート

注目のビデオ