これまでのコーニングライフサイエンスアンバサダー | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

2019年度コーニングライフサイエンスアンバサダー

2019ambassador-tsukuba

 

筑波大学 医学医療系 臨床検査/スポーツ医学研究室

竹越 一博 教授
時野谷 勝幸 さん
(筑波大学 スポーツ医学専攻 博士課程、日本学術振興会 特別研究員DC)

ホームページアドレス:
http://tsukuba-laboratorymedicine.com

インタビュー記事はこちら

2019ambassador_rakuno

 

酪農学園大学 獣医学群 獣医学類 獣医生理学ユニット

北村 浩 教授

ホームページアドレス:
http://souran.rakuno.ac.jp/profile/ja.6bb904e2b311047360392a0d922b9077.html

インタビュー記事はこちら

日本研究.comにて、北村先生にアンバサダー活動が「研究者にチャンスをもたらしてくれる」理由をお話いただいたインタビュー記事はこちら

トピック

kitamura-paper

研究成果が公開されました

2019年アンバサダー 酪農学園大学 獣医学群 獣医学類 獣医生理学ユニット 北村 浩教授と日本学術振興会の橋本 茉由子特別研究員ら共同研究グループの研究成果が『Cellular and Molecular Life Sciences 』に公開されました。本研究では、免疫細胞であるマクロファージのUSP2酵素が、活発な凍結精子を得るために必要であることを発見しました。凍結精子は人工授精に使用されますが、今回の研究成果が、品質の良い凍結精子を得る鍵となり人工授精の効率化へつながることが期待されます。

本研究にはアンバサダープログラムの一つ、新製品モニターでお試しいただいたCorning Cell CounterやCorning BioCoat フィブロネクチン マルチウェルプレートが使用されています。

さらに詳しく

nishida

今年度のアンバサダー

今年度のアンバサダーについてはこちら

さらに詳しく

tsukuba

アンバサダーに聞く - 2019年度 筑波大学 竹越教授

筑波大学 竹越教授に研究テーマやご自身について語っていただきました。

さらに詳しく

rakuno

アンバサダーに聞く - 2019年度 酪農学園大学 北村教授

酪農学園大学 北村教授に研究テーマやご自身について語っていただきました。

さらに詳しく