急速に成長し続けるであろう3D細胞培養市場

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

科学は大きなビジネスであり、3Dではさらに大きなものとなります。3D細胞培養技術が研究室でより一般的になり、アプリケーションが洗練されてきたことで、3D細胞培養市場における利益は急上昇すると予想されています。

ロイターの市場調査報告書によれば、3D細胞培養製品が生み出す利益は今後5年間でほぼ倍、つまり2019年に5億1,000万ドルだったものが、2024年には9億7,000万ドルになると予測されています。市場は大きくなっているだけでなく、さらに多様化しており、使用できる製品の種類が増えたことで、3D細胞培養市場はより幅広い治療標的を対象にすることができるようになりました。

市場が大きくなればなるほど、新しい技術が適用できる疾患も増加します。

想像を超える3D細胞培養の一面

3D細胞培養市場は、2つの基本的な機能グループに分けられ、それがさらに治療グループで分けられています。構造の観点からは、3次元の細胞増殖を誘導するスキャフォールド構造を持つ増殖環境と、スキャフォールド構造を持たない環境とがあります。スキャフォールドベースのプラットフォームは、全ての細胞タイプではありませんが、一部のタイプでは利点があります。無秩序な腫瘍増殖に関するがん研究は、スキャフォールドフリーのプラットフォームで行われており、これは実際の腫瘍の環境をより良く再現しています。

一方で、がん研究や幹細胞研究など用途別にも市場が分かれています。3D細胞培養の最終的な目標の一つは、移植用の人工組織や臓器の培養を促進することです。

成長を牽引する主要なサブマーケット

現在、市場の売上高の4分の3以上を2つの分野が占めています。ひとつは市場で最も確立された応用分野であるがん研究で40%少々を占め、もうひとつは創薬で36%を占めています。

しかし、再生医療や幹細胞研究などの分野は、研究費の支出全体の増加の大部分を占めていることから、今後数年での市場の成熟に合わせて成長する可能性があります。これらの分野の売上高は、合計して市場の残りの4分の1になりますが、純粋な研究から治療へと移行するにつれて、市場は均衡していく可能性があります。

輝かしい未来

最も有望な3D細胞培養技術の1つは、幹細胞を用いて小さな組織サンプルを培養させるオルガノイドモデル、合成環境の活用です。これらの活用はこの分野でかなりの売上を生む可能性がありますが、本当の可能性は山ほどあるオルガノイドモデルが特定のタスクに特化した時に明らかになります。例えば、電子チップ上にオルガノイドを形成するオーガン・オン・チップでは、研究者は心臓の細胞を用いて電気的活動をリアルタイムで評価することができるようになります。

また、オルガノイドモデルにより医師が採取した幹細胞から様々な種類の細胞を培養することができるようになり、真に個別化された医療という夢が実現に近づきました。医師は移植可能な細胞や組織を培養できるのみならず、患者に投与する前に様々な薬剤の副作用を試験することもできるようになります。

医療業界におけるこの種のパラダイムシフトは、3D細胞培養市場の急激な成長の前触れです。純粋な研究のためのツールは、それ自体が大きな成功を収める可能性がありますが、とてつもない売り上げを作り出す可能性があるのは、そのツールが直接患者の治療とつながるときです。患者への効果がはっきりと現れれば、全身を薬剤に曝露する前に細胞に対して主要な新薬の選択試験をすることが標準になるかもしれません。もしそうなったら、業界がどれだけ大きくなるかわかりません。

アナリストは、今後5年間で研究により売上が伸び、3D細胞培養市場の規模が2倍になると考えています。しかし、その可能性を考えれば、2倍は始まりに過ぎないのかもしれません。