漏れ防止構造で破損耐性にも優れた、凍結に最適なボトル

培地や血清をはじめとした溶液の保存に

Corning PET製培地ボトルは、軽量で破損耐性が高くガラスのような透明性をもつため、空輸や横置き保存に最適です。PET製培地ボトルは、In vivo様細胞培養や、大量規模のバイオプロセス研究における開発と生産をつなぐ保存容器として不可欠であり、生物学試薬および化学試薬の組成と純度を維持しながら保存することができます。研究で培地や血清を使用しているなら、Corning PET製培地ボトルが安全で確実な保存方法です。

破損耐性

Corning PET製培地ボトルのスクリューキャップは空輸に適した最先端の漏れ防止構造です(IATA 650の包装基準でバリデーションされています)。また、ISO 2278とASTM D5276の落下試験において、漏れがないことが確認されています。

漏れ防止構造

Corning PET製培地ボトルは、軽量で破損耐性があります。また、ガラスのように透明で細胞毒性がなく、優れたガスバリア特性を持ちます。ラボにおけるガラス器具の破損は、安全上のリスクをもたらし、追加のメンテナンスコストが発生します。これもPET製培地ボトルを選択するメリットの一つです。Corning PET製培地ボトルは、ISO 2278とASTM D5276に記載の最大910 mmの落下試験において破損耐性があることが証明されています。

さらに詳しく >

凍結に最適

PET樹脂で製造されたボトルは柔軟性があり、幅広い温度帯での使用に適しています。Corning PET製培地ボトルは内圧への耐性が高く、-40℃までの温度変化に対応します。

さらに詳しく >

Corning PET製培地ボトルのより詳しい情報

関連リソース


リソース

Drop Test

落下試験パフォーマンス

Corning PET製培地ボトルとPETG製ボトルの落下試験データの比較資料です。

さらに詳しく

Discover more about the performance of Corning PET Media Bottles compared to PETG competitors for low-temperature serum storage.

低温血清保存

Corning PET製培地ボトルを血清の低温保存に使用した際のPETGボトルとの比較データです。

さらに詳しく

PET Bottles Document Preview

IATA基準でバリデーションされた漏れ防止スクリューキャップ

スクリューキャップは、漏れ防止構造で、IATAが定める空輸の一次包装基準に則ったバリデーションが行われています。

さらに詳しく

PET製培地ボトル関連研究

今すぐ注文もしくはサンプルを試す