Headend (HE)

ケーブルテレビ事業者向け ソリューション

ケーブルテレビ事業者にとって、すべてのネットワークの中核となるのがヘッドエンドです。ヘッドエンドは、新たな接続、容量、速度への需要をサポートする上で基盤となるシステムです。アクセスネットワークがハイブリッド・ファイバ同軸(HFC)ネットワークに移行する中、重量のある同軸インフラからファイバディープネットワークへの移行をサポートすべく、ヘッドエンド内の進化が求められています。フレーム、ハウジング、カセットを含む当社の光ファイバハードウェア、およびケーブルアセンブリソリューションは、お客様のサービス加入者がどこに住んでいても、より速く優れた性能で加入者をサポートできるよう進化し続けています。

ヘッドエンドにおける光配線システムの高度化

トップ3のユーザビリティと密度に関する考慮事項

トップ3のユーザビリティと密度に関する考慮事項

極めて効率的にアクセスネットワークを導入していても、HEサービスが適切に設置されていなければ運営者のサービス目標を達成できない可能性があります。

続きを読む

効率的な冷却

効率的な冷却

ヘッドエンド内の冷却効率性を高めることは、先進のHFCネットワーク導入による消費電力増加の際、極めて重要な要素になります。

続きを読む

ノード + 0  HEアーキテクチャ

ノード + 0  HEアーキテクチャ

CATV HFC ネットワークは、加入者からの 広帯域化およびサービス需要の増加に伴い変化を続けています。CATV オペレータは、需要増への対応として光ファイバへの移行を続けています。Remote Phy や DOCSIS 3.1 などのアーキテクチャはすべて、ネットワークの全体にまでファイバを導入することにより可能になりますが、その際の課題のひとつは、「すでに設置したファイバベースを使用しつつ、いかにファイバをユーザーに近づけることができるのか」という点です。この解決策のひとつが、多波長アーキテクチャを使用して、ファイバをネットワーク深部まで導入することです。ポートレプリケーション、ラックレイアウト、HEアーキテクチャの例についての詳細は、Node + 0 のウェビナーをご覧ください。

続きを読む

HE内の省スペース化・省エネ化

HE内の省スペース化・省エネ化

MSOは、新たなサービス提供に備えるために、ソフトウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)、ネットワーク機能仮想化(NFV)およびクラウド技術を活用して、データセンタのシンプル化とクラウドの柔軟性をHE環境にもたらしています。

今すぐ見る

ヘッドエンドソリューション

ケーブルアセンブリ製品 部品番号作成ツール

ケーブルアセンブリ製品 部品番号作成ツール

 ケーブルアセンブリは、見落とされがちですが通信設備内の配線システムの中で重要なコンポーネントです。当社の新たなケーブルアセンブリ設計ツールを用いることで、ユーザーは長さ、色、コネクタ形状、等様々な製品属性を確認しながら部品番号を作成することができます。

Configure Now!

Tools and Resources