ADMEサービス| Corning® Gentest℠受託研究サービス| Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

このサイトは最新のウェブブラウザで快適にご覧いただけます。よりよい環境でご覧いただくためにブラウザを更新してください。

Close[x]

Corning Gentestの受託研究サービスは、前臨床および創薬をゴールまで導く力となり、研究室での堅実な決断を加速します。

ADME/Tox 研究の完了まで

1992年の設立以来、コーニングは、薬物動態(ADME)研究チームのヘルパーまたは事実上のパートナーとなって、創薬および前臨床のゴールに到達するサポートの準備が整っています。

・フル装備のADME/Toxサービス:透過性、薬物吸収、および輸送から薬物代謝にいたるまで、コーニングのサービスは包括的なADME/Tox研究のニーズを完全にサポートします。 

・成功を収めてきた長い実績:Corning Gentestの受託研究チームは、20年以上にわたって、in vitro 薬物間相互作用研究のデザインや実行の成功に携わり、世界中の多くの先進的な医薬品メーカーやバイオ企業による何百という医薬品の発見や開発プログラムを支えてきました。

・熟練の研究ディレクター:コーニングのサイエンティストは、薬物吸収、トランスポーター、代謝、誘導、毒性および業界/規制ガイダンスの各分野の専門家です。十分な情報に基づく意思決定を進めるお手伝いをします。

・規制ガイダンスに準拠:研究デザインは、規制当局の最新の基準に準拠して常に更新されます。そのため、FDA、EMA、MHLW-PWDA 日本の厚生労働省-PMDAへの申請時に正しいデータを確実に提出できます。

・優れた品質:すべてのサービスがコーニングのGLPに適合し、ISO 9001認証を受けた研究室で行われます。コーニングは、正確かつ再現性のあるデータと、当局への申請に適した報告書の作成に力をお貸しします。

・カスタマイズ:コーニングの標準プロトコールを変更して適用する場合でも、お客様のプロトコールに合わせて適用する場合でも、コーニングには、お客様の特定ニーズを満たすカスタムマイズされたソリューションの提供に必要な専門知識があります。

薬物動態 (ADME) サービス

Corning Gentest の受託研究サービス

ニュース

サービス、リソース、その他

サービス、リソース、その他

Corning TransportoCellsを用いるSLCトランスポーターを介した薬物間相互作用の測定

このポスターから、規制当局が推奨するスクリーニングおよびトランスポーターを介した決定的な薬物間相互作用(DDI)試験を行うために新しく構築した、安定的なin vitroアッセイの方法とバリデーションデータについて学ぶことができます。

続きを読む

アッセイバッファー中のBSAがPapp 値に及ぼす影響

in vitroの見かけの透過率(Papp)は、創薬プログラムのCaco-2試験モデルを用いて定期的に評価されます。このポスターでは、アッセイバッファーにBSAを添加すると、高い非特異的結合特性を有する化合物のPapp値の分析にどのように影響するのかを、コーニングのサイエンティストが評価しました。

続きを読む

時間依存型阻害

この査読を受けた論文では、さまざまな簡略化したシトクロムP450時間依存型阻害アッセイの長所について詳細に考察しています。

続きを読む

検量線の使用によるin vivo CYP3A4誘導性の予測

検量線に基づく方法でRIS、R3、Cmax/EC50、AUC/F2のパラメーターを用いてin vivoでのCYP3A4誘導反応を良好に予測する方法をご覧いただけます。

続きを読む

この役立つ情報が得られるウェビナーを視聴するとCorning Gentestサービスの全体像がつかめます。

コーニングの新規のCYP誘導アッセイとSLCトランスポーターアッセイサービスは、規制当局のガイダンスに準拠するように設計されており、酵素阻害、誘導、輸送に的を絞ったin vitro薬物間相互作用測定のポートフォーリオを強化し続けています。

今すぐ見る

その他の情報

役立つ規制ガイダンス

EMA「薬物相互作用試験ガイドライン (案)」(2012年)

EMAガイドライン「薬物相互作用試験 (案)」

続きを読む

PMDA「医薬品開発と適正な情報提供のための薬物相互作用ガイドライン (案)」(2013年)

PMDA「医薬品開発と適正な情報提供のための薬物相互作用ガイドライン (案)」(2013年)

続きを読む

関連製品

その他の関連製品