ウェビナー 明日からの実験に役立つ無料オンラインセミナー|Corning

Delivered by scientists, for scientists.

サイエンティストのために、サイエンティストによって作られたウェビナー

サイエンティストのために、サイエンティストによって作られたウェビナー

ベストプラクティス、ヒントおよび証明済みテクニックを入手して、研究を加速させましょう

過去のウェビナーのオンデマンド閲覧

主要ウェビナー

AJINOMOTO & Corning 共同セミナー

AJINOMOTO & Corning 共同セミナー

演題1:間葉系幹細胞の培養に適した培養表面と使用例

スピーカー:コーニングインターナショナル株式会社 江藤 哉子

間葉系幹細胞の培養では様々な培養表面が用いられています。コーニングが提供する培養表面には、プレートの素材であるポリスチレンに酸素導入により官能基を付与したCorning® CellBIND® surfaceや、幹細胞の培養に用いられるビトロネクチンの部分合成ペプチドであるCorning Synthemax® -II などがあります。今回はその特長や使用例をご紹介します。

 

演題2:臨床研究に向けた間葉系幹細胞大量培養の最適化を目指して

スピーカー:味の素株式会社 原田 英里

StemFit For Mesenchymal Stem Cell(MSC)は、高い性能、安定性、安全性を兼ね備えた間葉系幹細胞(MSC)用の拡大培養培地です。培地組成中に、ヒト由来成分(血清成分、血小板溶解物等)を含まないため、ロット間の性能差が少なく、安定した細胞培養が可能です。MSCの培養において、本培地は従来の血清添加培地に比べ、高い増殖性能を発揮します。また、PMDAの再生医療等製品材料適格性確認書を取得しています。このStemFit For MSCとコーニングの CellBIND 表面やCorning Synthemax -II との組み合わせにより、組織からの効率的なMSC単離や臨床研究に必要な量への細胞拡大培養が実現可能です。本ウェビナーでは、その事例をご紹介いたします。

 

今すぐ見る

バイオプロセスコンサルティング申込み

バイオプロセスのスケールアップを簡単に

バイオプロセスのスケールアップを簡単に

コーニングのバイオプロセス担当にご相談ください。生産スケールを効率化する方法をご紹介します。

お問合せ