Staying Productive Away from the Lab During a Quarantine | Virtual Learning and Other Tips for Scientists and Researchers | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

地域によっては、住民に家にいるよう指示がでています。学術センターは研究室の出勤時間をずらすか、研究室を完全に閉鎖しています。ソーシャルディスタンスが新しい常識となっています。多くの科学者たちは家にいながら、何ができるだろうかと考えています。科学者たちは、本当に研究室から遠く離れていても生産的であり続けることができるのでしょうか?

これまで以上に生産的に

質量分析計や遠心分離機が手元にないかもしれませんし、子供が自宅にいれば、そもそもそのような装置を子供の手の届くところには置きたくはないでしょう。しかし、仮想学習の好機を利用して、独創的なヒントとツールを活かせば、あなたは家にいながらにして自分のスキルを磨き続け、研究を続けることができます。必要なのはノートパソコンだけです。

 

ノートパソコンを使った研究活動:在宅で科学する5つの方法

 

世界中の研究室は、リモートで協力しながら研究活動を継続しています。Nature誌が提唱する「science-ing at home(在宅で科学すること)」を実践するための5つの方法をここに紹介します。

1. 仮想教室に参加する

ソーシャルディスタンスを求められる時代にあって、仮想学習はこれまでなかったほど重要となっています。多くのアイビーリーグ校では現在、コンピューターサイエンス、健康と医学、データサイエンス等の無料オンライン講座を提供しています。(ここではFree Code Campが情報をまとめて掲載しています。)Harvard Universityはそのホームページ上で人気の科学講座のリストを掲載しています。そのトピックスには、「Rを用いた生物学および統計学に関する定量方法」が含まれています。ウェビナーも、他の研究者たちから学ぶための有用なツールとなり得ます。また科学的トピックスだけにとどまらず、グラントライティング(助成金申請書作成)やプレゼンテーションのスキルについてもいつでも学ぶことができます。

2. 仮想学習のためのネットワークを築く

研究室での実験は休止していても、同僚たちとの共同作業は続けるべきです。リモート抄読会のようなオンラインイベントやミーティングを新たに始めましょう。このようなオンラインでの対面形式の活動は、あなたが専門分野での活動を続け、学んでいることを共有し、他の人との交流を維持するための助けとなります。

3. 草稿を練る

この在宅期間は、あなたが発表しようと考えていた論文にもう一度目を通す絶好の機会となります。アメリカ科学振興協会(AAAS)は、在宅期間を利用して、概要をまとめてしまうか、そうでなければ自分の考えを書き留める、または既存の草稿を推敲するか、研究結果をわかりやすく説明するために文章の一部を参照しやすいグラフに置き換えてみることなどを推奨しています。

4. 助成金交付の機会を探す

あなたが学術界の一員なら、競争的研究費を積極的に検索することで資金調達のための情報ルートを十分に保ち、COVID-19の長期的な経済的影響に備えてください。AAASによる包括的なガイドに、資金をどこで探し、どのように獲得すればよいのかについて紹介されています。

5. 生データをレビューする

一部の科学者たちは、自分たちの研究室が閉鎖されることを予測して、パンデミックの最初の数週間にできる限り多くの生データを収集したと、Nature誌に語りました。あなたはこれほど運よく(または予言者のように)対応できなかったかもしれませんが、データのバックログを見れば詳しく検証し直せるものがあるでしょう。今こそ本腰を入れる時です。

自分自身と他の人たちの状態を確認する

 

自分自身と他の人たちの状態を確認する

 

コロナウイルスによるパンデミックは、世界中の家族のあり方や働き方に関するニューノーマルをもたらしました。子供たちは学校ではなく家にいるようになり、夫婦は密接した環境で仕事をしています。科学は前進しなければなりませんが、たまにはそのことから離れて、あなたのスケジュールをより柔軟で余裕あるものに見直すのもいいでしょう。研究室の中でも外でも、誰もが元気でいるかを確認するために、あなた自身と他の人たちの状況をチェックするようにしてください。

このような状況であっても、あなたの重要な作業に遅れが出ないようにすることはできますし、遅れることはないはずです。ノートパソコンを取り出して、創造性を発揮し、生産性を維持してください。

コーニングライフサイエンスは、特に研究活動がCOVID-19の世界的流行を制御するために特に重要な役割を果たす今、ライフサイエンス業界の全てのお客様の役に立てるよう全力で取り組みます。コーニングのCOVID-19関連アプリケーションとリソースについてお読みください。