The Rules for Lab Safety During a Pandemic

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

COVID-19の世界的な感染拡大により、新型コロナウイルスの検査を行っていない研究室であっても神経を尖らせています。それはもっともなことです。COVID-19は感染力が高く、一部の人では軽度または無症状ですが、致命的となる人もいます。研究室では常に安全第一ですが、時には規則を遵守しきれない場合もあるでしょう。例えば、プロトコールが要求する頻度で設備を清掃できないこともあれば、従業員が作業安全規定に則った行動を実践できていないこともあるかもしれません。このようなことに研究室の安全を脅かされないようにしなくてはいけません。

今こそ、あなたの研究室、同僚たち、そしてあなた自身を守る時です。そのためのヒントをいくつかここにご紹介します。

 

リスクを軽減するための実践的方法

 

あなたの研究チームが最少限の要員で仕事をし、貴重な培養を維持するなどの業務上必須な作業のみを実施している場合であっても、パンデミック時には、研究室の標準安全手順により一層厳密に従うべきです。Lab Managerの記事にあるように、リスク予防には個人の予防策と研究室特有の対策の両方が必要です。

個人の予防策

研究室に来ているか否かに関わらず、一人一人が各国の関係機関が提示する予防策に注意深く従わなければなりません。米国疾病管理予防センター(CDC)により提示された予防策はこちら

  • 特に人がよく触れる場所を触った後は、こまめに手を洗ってください。石鹸と水を使って、20秒間以上洗ってください。石鹸と水が使えない場合は、60%以上のアルコールを含む手指消毒剤を使用してください。
  • 手を洗ってからでなければ、顔に触れてはいけません。
  • 体調が悪ければ家にいるようにし、他の人にもそうするよう勧めてください。ウイルスに接触したうえで、乾いた咳、発熱、および呼吸困難といった新型コロナウイルスの一般的な症状がでた場合は、すぐに医師の診察を受けましょう。
  • 潜在的なウイルスへの感染リスクをさらに下げるために、家にいてください。具合の悪い人との接触は極力避けてください。

 

研究室における予防策

研究室をそこで働くすべての人にとって安全な場所にするために、メンバーは人から人への感染リスクや作業台や用具の表面の汚染リスクを軽減するために特別な注意を払う必要があります。

  • 職場の新型コロナウイルスに対する備えに関しては、各国の機関によりより確立されたガイドラインに従ってください。米国労働安全衛生庁(OSHA)のガイドラインはこちら
  • 濃厚接触を制限してください。研究室内で他の人たちがどこにいるかを意識し、できるだけ距離を保ってください。研究室内の移動は必要不可欠なものに限定してください。Rochester University によるガイダンスが役に立つかもしれません。
  • 一度に研究室にいる人数を最小化するために、可能な場合にはテレワークの指針を設けて勤務時間をずらしてください。
  • 正しい手洗いとアルコール消毒を奨励してください。研究室の全域に手洗いステーションを設置して、手指消毒剤の備えを十分にして、いつでも使えるようにしてください。
  • 装置およびキャビネットの把手など、人がよく触れる場所を、新型コロナウイルスに対する使用に関する米国環境保護庁(EPA)の基準を満たす製品を用いて頻繁に洗浄および消毒してください。洗浄中は個人用防護具(PPE)を着用してください。再利用可能なPPEは、使用後にはきれいに拭いてください。
  • 研究室で働いている誰かがCOVID-19に罹患した場合は、CDCにより確立されたプロトコールが参考になるでしょう。罹患した人が使用したすべての区域も閉め切り、EPAにより推奨されている消毒剤を用いて除染してください。必要な場合は、専門業者の除染サービスを利用してください。

研究室のいずれのメンバーも最新のルールおよび指針をきちんと認識し、理解するようにしてください。米国公衆衛生試験所協会(APHL)のチェックリストを使用して、潜在的な安全性ハザードを評価してください。あなたの研究室の安全指針を再検討する時間があるとすれば、今がその時です。新型コロナウイルスに対処するためにしろ、または更新時期であるにしろ、必要があれば研究室のプロトコールを更新してください。

入念で徹底した対処をおこなってください。対策を怠れば、あなたや周囲の誰かにとって重大な結果を招く恐れがあります。研究者として、あなたはCOVID-19の拡大を遅らせるための闘いの最前線にいるのです。

コーニングライフサイエンスは、研究活動がCOVID-19の世界的流行を制御するために特に重要な役割を果たす今、ライフサイエンス業界の全てのお客様の役に立てるよう全力で取り組みます。コーニングのCOVID-19関連アプリケーションとリソースについてお読みください。