フィブロネクチン (ヒト) のコート方法 | Corning

note

フィブロネクチン (ヒト) のコート方法

フィブロネクチン (ヒト) のコート方法

フィブロネクチン (ヒト) のコート方法

フィブロネクチン (ヒト) のコート方法

 

溶解と取り扱い

HFN を適切に溶解するためには、必ずこの溶解の手順に従ってください。

バイアルを常温に戻します。1 mL の滅菌蒸留水を加えます。基質が溶けるまで30分待ちます。撹拌したり回転させたりしないでください。すぐに全量を使用しない場合は、適量に分注して-20℃で保存してください。溶解後は2週間以内に使用することをお奨めします。霜取り装置付き冷凍庫には保存しないでください。凍結融解を繰り返さないでください。

ヒト フィブロネクチンは一般的に、接着のためには培養表面に対して1~5 µg/ cm2で、培地の添加剤としては5 µg/mL で使用されます。

コーティング方法:

下記は推奨です。個々の培養系に最適なコーティング条件を決めるためのガイドラインとしてご使用ください。

1.     「溶解と取り扱い」の通りに、滅菌蒸留水を用いて溶解します。

2.      続いて、カルシウムイオン、マグネシウムイオンフリーの無血清培地またはpH7~9の緩衝液を用いて、フィブロネクチンを希望の濃度に希釈します。表面をまんべんなくコーティングできるように最終溶液量を調製してください。

         例)最終のコーティング濃度が5 µg/cm2の場合、基質を50 µg/mLに希釈し、35 mm ディッシュには1 mL、60 mmディッシュには3 mL添加してください。

         注意:調製したHFN 溶液にはCAPS の成分が含まれており、カルシウムイオンと/またはマグネシウムが入った緩衝液や培地を用いると、不溶性の金属水酸化物を形成することがあります。希釈液の緩衝能がpHを8以下に下げるものであれば、これは起こりません。

3.      培養表面に希釈した基質を適量添加してください。

4.      室温で1 時間インキュベートします。

5.      残った基質を吸引してください。

6.      滅菌蒸留水で穏やかにリンスします。底面をひっかいてしまわないように気を付けてください。

7.      プレートはすぐに使用することができます。滅菌状態が維持されれば、2~8℃で、乾湿いずれでも保管することができます。