50 Years of Optical Fiber Innovation | Newsroom | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

「コーニングによる低損失光ファイバの発明は、通信業界に革命をもたらしました。50年前、この発明が、今私たちが暮らす世界にどれだけの影響をもたらすことになるか想像できた人はほとんどいませんでした」 – ウェンデル P. ウィークス 会長兼CEO

コーニング、低損失光ファイバ発明50周年を祝う

コーニング、低損失光ファイバ発明50周年を祝う

ニューヨーク州コーニング発 | コーニングインコーポレイティッド | 2020年9月16日

1970年、コーニングの科学者によるイノベーションが「通信革命」の幕開けに

ニューヨーク州コーニング発 — コーニングインコーポレイティッドは本日、低損失光ファイバという世界を変える発明が記念すべき50周年を迎えたことを、光通信業界とともにこの偉業を祝いました。

この発明により、髪の毛よりも細い光ファイバという画期的材料が、近隣コミュニティ、都市、大陸をつなぐ今日の高速通信ネットワークを実現しました。

ウェンデル P. ウィークス、会長兼CEOは、次のようにコメントしています。「低損失光ファイバの発明は、通信革命をもたらしました。50年前、この発明が、今私たちが暮らす世界にどれだけの影響をもたらすことになるか想像できた人はほとんどいませんでした。しかし、このように業界を変え、人々の暮らしを高め、画期的な能力を実現することこそ、私たちコーニングが常に行ってきたことなのです」

光ファイバの画期的発明によってこの50年の間にデータ通信、動画ストリーミング、クラウドコンピューティングなどの新技術開発が可能となり、今や世界で当たり前になりつつある「コネクティッドライフ」が実現しています。  

現在人々は、離れた場所で暮らす家族や海外顧客、あるいはSNS上の膨大な情報や利用者とのつながりをかつてない程求めています。場所を問わず、ビデオ通話やテキストメッセージのやり取り、オンライン接続を実現する光ファイバの誕生を祝うべく、どのようにしてこの技術が実現したか、少し振り返ってみましょう。

さかのぼること50年以上前、コーニングの科学者、ロバート・マウラー博士、ドナルド・ケック博士、ピーター・シュルツ博士が、長距離でも効率的に光信号を伝達可能な高純度光学ガラスを開発するために集められました。その開発は、それまで誰もなしえなかった難題でした。

1960年代半ば、コーニングの科学者たち、および拡大し続ける通信業界にとって、データや音声の伝送に使用されてきた既存の銅線インフラでは、今後予想されるトラフィック量に対して十分な帯域幅を提供できないことが明らかになっていました。

その頃、英国郵便公社の職員が、高純度ガラス製の光ファイバの開発に関して協力を求めてコーニングにやってきました。その設計要件は、シングルモード光ファイバで減衰量(信号ロス)が約20dB/kmというものでした。

当時の最高の光学ガラスの減衰量はせいぜい1,000dB/kmでした。つまり、コーニングの科学者は、20dB/kmという目標を達成するために、透明性を1098 倍向上させなければならない、ということでした。

不可能に思われる課題ではありましたが、科学者たちが達成した画期的イノベーションによって、以後の世界は大きく変わったのです。

「この発明が通信革命の幕開けとなりました。私たちは今もその偉業を礎として、誇りを持って事業を続けています」 – マイケル・ベル、コーニングオプティカルコミュニケーション、シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー

ケック博士はこのイノベーションについて、発明の瞬間を次のように振り返っています。「このファイバは非常に特別で、他のものとは違うと感じ、急いで結果を測定しました。それはとても短いファイバではありましたが、非常に良い測定結果を直感しました。そしてデータブックにこう記録したのです―『17dB/km、やったぞ!』私たちは目標を達成したのです」 

あの瞬間―1970年8月7日―から今日に至るまで、コーニングは10億km以上の光ファイバを出荷し、複数の光ファイバ製造工場をグローバルに展開しています。改めて驚くのは、この、たったひとつの発明が、現在コーニング最大の事業部門として、FTTH(Fiber To The Home)や屋内ワイヤレステクノロジー、ハイパースケールデータセンタなどに製品を提供するオプティカルコミュニケーション事業部にまで発展を遂げたということです。5Gアクセス、クラウドテクノロジー、そして現在人々が電子デバイスを使用する際のほとんどすべての接続は、あの発明の瞬間から始まったのです。

1970年の夏、ラボで研究に没頭していたマウラー博士、ケック博士、シュルツ博士は、自分たちの発明が50年後にどんな未来を叶えているか、想像もつかなかったことでしょう。同様に、当社のオプティカルコミュニケーションチームは、業界をリードする光ファイバ、ケーブルおよび接続ソリューションを発明、製造、販売し、次の50年間で光ファイバという画期的発見がどのような夢を実現できるのかを想像することは難しいでしょう。 

コーニング光ファイバ50周年に関する情報はこちらからご覧ください。
(英語) http://www.corning.com/50YearsOfFiber 
また、SNSでは#50YearsofFiberをフォローしてください。

Additional Resources

The History Of Optical Fiber

Corning Discovers Low-Loss Fiber →

Physicist Charles Kao described how fiber could transmit information in 1966. But it took three Corning scientists trying countless combinations of glass to finally discover a workable low-loss fiber.

Learn More

Fiber Gets Real →

By 1978, optical fiber was moving out of the lab and finding its first commercial uses around the world.

Learn More

A New Era In Voice Calls →

In the early 1980s, a revolution began in voice phone calls. Key to that was the arrival of fiber optics, which allowed companies to build new high-bandwidth lines that could carry more calls at lower cost.

Learn More

The Dot-Com Data Explosion →

The mid-1990s set the table for the internet era to unfold. High-bandwidth fiber networks could carry web pages, email and data across continents and oceans. By the end of the nineties, the internet would be an integral part of people’s lives.

Learn More

Mobile Changes Life And Work →

In the late-2000s, the smartphone and cloud freed computing from a place. Now every person could connect to the internet from anywhere. That in turn generated enormous new data traffic, hauled from place to place over fiber networks.

Learn More

Cloud Computing And Software As A Service →

As business shifted to the cloud, so did consumers, using social media platforms to not only connect but also to store photos and files. Corning innovations enbled the beginning of a new world of IoT, artifical intelligence, and virtual reality.

Learn More

The COVID-19 Crisis And A New Era Of Connection →

As COVID-19 shut down entire countries and moved work and life online, an unprecendeted surge in bandwidth demand made optical fiber more necessary than ever.

Learn More

Corning Celebrates 50 Years Of Fiber →

For the last 50 years, optical fiber has transformed the way we connect, and we can’t wait to see what the next 50 years has in store. Watch this video to learn more about this revolutionary innovation.

Watch Now