トニー・トリペニー | リーダーシップ | コーニング

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

エグゼクティブヴァイスプレジデント兼CFO

トニー・トリペニーは、2018年にエグゼクティブヴァイスプレジデントに任命され、2015年9月からコーニングの最高財務責任者(CFO)を務めています。この役職において、トリペニーはコーニングの財務健全性の主任スチュワードであり、財務および投資家向け広報機能を監督しています。 また、Corning Enterprises、コーニング財団、航空部門の監督もしています。

2009年4月から2015年8月まで、トリペニーはシニアヴァイスプレジデント、コーポレートコントローラー、プリンシパルアカウンティングオフィサーでした。この役割では、彼は、会計、分析サービス、ビジネス管理、税務機能を担当し、グローバル金融組織を共同で指揮しました。

トリペニーは、1985年に企業会計マネージャーとしてCorning Cable Systemsに入社しました。1989年3月、彼はテキサスに移り、Corning Cable Systemsのケラー施設でプラントコントローラーとして働きました。1993年1月には、機器部門のコントローラーに任命されました。1996年に企業のコントローラーとしてヒッコリーに移りました。

トリペニーは2000年7月に最高財務責任者(CFO)に任命され、2003年2月にはグループコントローラーであるテレコミュニケーションも任されました。2004年8月にオペレーションコントローラー部門のヴァイスプレジデントに任命され、2005年10月にコーポレートコントローラーのヴァイスプレジデントに任命されました。

トリペニーは、University of PennsylvaniaのWharton School of Businessで経済学の学士号を取得しました。彼は、Financial Executives InstituteおよびInstitute of Management Accountingのメンバーです。また、Hemlock Semiconductor Groupの取締役会のメンバーも務めています。