We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

このサイトは最新のウェブブラウザで快適にご覧いただけます。よりよい環境でご覧いただくためにブラウザを更新してください。

Close[x]

日本におけるコーニング

日本におけるコーニング

日本におけるコーニング

コーニングは、1851年に創立され、ニューヨーク州コーニング市に本社を置く、材料科学における世界的なリーディングイノベーターです。コーニングは、日本ではコーニングジャパン株式会社とコーニングインターナショナル株式会社の2つの事業会社を通じて活動を行っています。

コーニングの日本市場進出は1960年代半ばに遡ります。日本のお客様から製品、品質、技術力に対する高い評価と信頼を頂き、現在では事業領域を、消費者向けエレクトロニクス製品、オプティカルコミュニケーション、輸送、ライフサイエンスを中心とする様々な分野へ拡大しています。

今日、スマートフォン、タブレットPC、ノートパソコン、液晶テレビ等に使用されているTFT液晶技術は、1980年代に日本で生まれました。コーニングディスプレイテクノロジー部門は、日本のお客様と密接に協力しながら、液晶産業の発展に寄与してきました。1989年には、アジアで最初の液晶ディスプレイ用ガラス基板工場である静岡工場を稼働させ、2009年には第10世代液晶ガラス基板を生産する堺工場を稼働させました。これらの工場からは、常に革新的なガラス基板が、世界に先駆けて出荷されて来ました。また、これらの工場で実用化された先進的な生産技術は、コーニングのアジアの他工場に移管されて行きました。現在は、アモルファスシリコン用ガラス基板だけでなく、低温ポリシリコンや、Oxide TFT等の最新のディスプレイ技術向けに最適化された各種高機能ディスプレイ用ガラス基板を生産し、市場に提供しています。そして、これからもディスプレイ市場で発展を続けるお客様に、革新的な製品と技術サポートを提供していきます。

コーニングエンバイロメンタルテクノロジー部門は、40年以上にわたり、世界の主要な自動車メーカーとエンジンメーカーに、自動車の排ガスから有害な物質を除去する触媒担体(セラミックハニカム担体)とディーゼル車から排出される黒鉛微粒子(すす)を除去するディーゼルパーティキュレートフィルターを供給し、世界の人々の健康に貢献してきました。日本では、1999年に、エンバイロメンタルテクノロジー事業の営業活動を開始しました。それ以降、世界でもっとも品質の要求基準の厳しい日本の自動車メーカーに、コーニングの最先端技術を使った、排ガス浄化システム向けの主要コンポーネントを提供しています。

コーニングオプティカルコミュニケーション部門は、世界で最初に低損失の通信用光ファイバを開発し、以来光ファイバメーカーの主導的な役割を担ってきました。海底通信用のCorning® Vascade® fiber、陸上長距離用のCorning®LEAF® fiber、汎用シングルモード光ファイバとして最も広く使用されているCorning®SMF-28® fiberシリーズ、曲げに強いCorning®ClearCurve® fiber等の革新的な新製品を次々に開発し、光ファイバ通信の発展に寄与してきました。日本では従来の光ファイバの販売に加えて、2014年4月以降、エンタープライズネットワークビジネスを取り込み、成長著しいデータセンター市場向けにコーニングの優れた光配線ソリューションを提供しています。

コーニングライフサイエンス部門は、ライフサイエンス研究用ガラス、プラスチック製器具に加えて、創薬自動化に適したマイクロプレート、バイオテクノロジー研究に貢献する斬新な表面テクノロジー製品の開発と生産を行い、95年以上にわたって市場をリードし続けています。近年は、さらなる事業拡大のため、Axygen、Gosselin、Mediatech、Becton Dickinsonのディスカバリーラボウェア部門(Falcon®)の買収を行いました。日本では、1994年に、ライフサイエンス事業の営業活動を開始し、2014年からはパイレックス®ブランドの実験用ガラス製品の販売も開始。豊富なラインアップで日本のお客様の研究活動を支援しています。

コーニングスペシャリティマテリアルズ部門は、他社の追随を許さない高度なガラスの専門知識、150種類以上のガラス、ガラスセラミック、フッ素化物結晶の材料組成を組み合わせ、半導体、ディスプレイ、ビジョンケア、工業、オプティカルコミュニケーション、航空宇宙、天文などの分野で、高度なソリューションを提供しています。また、保護カバー用ガラス Corning® Gorilla® Glassは、日本では2008年に販売を開始し、それ以降、日本の多数のお客様に採用され、また、家電、建築、自動車の分野で、新しいデザインの可能性を提供しています。

国内事業会社
コーニングジャパン株式会社
コーニングインターナショナル株式会社

従業員
約950

 

製品
最先端ディスプレイ向け精密ガラス、耐傷性に優れたスマートフォン・タブレット向けカバーガラス、高速通信ネットワーク向け光ファイバ、無線技術、接続ソリューション 創薬・製薬のスピードアップに貢献する高信頼性製品、乗用車、トラック、オフロード車向け排ガス制御製品