Robert P. France | リーダーシップ | コーニング

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

人事部門シニアヴァイスプレジデント

ロバート P. フランスは、2019年6月に人事部門シニアヴァイスプレジデントに就任しました。それ以前は、彼は人事部門ヴァイスプレジデントでした。グローバル人事部門を牽引し、ビジネス要件を満たす責任を担っています。 

2016~2018年まで、フランスはコーニングオプティカルコミュニケーションのシニアヴァイスプレジデントを務めました。光接続ソリューション、光学分野の商業的組織、光ファイバーとケーブル全体において、人事部門のすべての側面を牽引してきました。他にも、コーニングチャイナの人事担当ゼネラリストも兼任しました。 

2004~2016年、フランスはコーニングガラステクノロジー(CGT)およびアジアの人事担当ディレクターを務めました。CGT、コーニングディスプレイテクノロジー、コーニングスペシャルマテリアルズ、コーニングプレシジョンマテリアルズ、アドバンストグラスイノベーションズにおいて、人事部門のすべての側面を牽引してきました。中国、台湾、日本、韓国、インド、オーストラリアおよび東南アジアなど、アジア全域を対象としたアジアHRセンターオブエクセレンスおよびHRジェネラリストグループの責任者でもありました。彼の在職中、アジア地域の従業員数は3,000名から13,000名に増えました。 

フランスは、光ファイバー部門の戦略的人事マネージャーとして2000年にコーニングに入社しました。2004年にディスプレイテクノロジー部門に移り、人事マネージャーを務めました。

フランスはコーニングに入社する以前、Appleton Papers、Harley-Davidson、Pepsi-Cola、Smithfield Foods各社で人事部門責任者として重要な職務を歴任してきました。  

フランスは、エリザベスタウン大学で学士号、インディアナ・ユニバーシティ・オブ・ペンシルベニアで労使関係の修士号を取得しています。