Michael A. Bell | Our Leadership | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

オプティカルコミュニケーション、シニアヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー

マイケル A. ベルは、オプティカルコミュニケーションのシニアヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーです。 この職務において、ベルは、光通信ソリューション(OCS)、光ファイバーおよびケーブル(OFC)、光コマーシャルオペレーション(OCO)などのオプティカルコミュニケーション市場アクセスプラットフォームのエンドツーエンドの責任を負っています。

ベルは、1991年にノースカロライナ州ヒッコリーのテレコミュニケーションケーブルプラントのプロセスエンジニアとしてコーニングに入社しました。その後、製造とエンジニアリングでさまざまな役職を歴任しました。 2001年以降、ベルはプログラムマネージャーとしてリーダーシップを発揮し、新しい日本の株式会社であるAdvanced Cable Systemsを設立しました。彼は2つのプラントを、プラントマネージャーとして現在のヒッコリーケーブルファシリティに統合し、コーニングケーブルシステムズ(CCS)のSAP導入を指揮しました。 ベルは、2004年にCCSアメリカケーブルマニュファクチャリングマネージャーに任命され、2009年にハードウェア製造も任務が拡大されました。

2011年、ベルはCCSグローバル製品ライン管理を確立し、「次の実践」プロセスを通じて差別化された光学ソリューションを創造しました。ベルは、2012年にコーニングオプティカルコミュニケーションの光接続ソリューションのシニアヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーに任命されました。統合ソリューションを創造し、リーチを改善し、新興市場に進出する機能の活用を担当しました。

コーニングに入社する前は、米海軍の潜水艦戦士官を務めていました。

ノースカロライナ大学チャペルヒル校で経営学修士号を取得し、ウェストバージニア大学で電気工学の理学士号を取得しています。