マーティン J. カラン | リーダーシップ | コーニング

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

エグゼクティブヴァイスプレジデント兼コーニングイノヴェイションオフィサー

マーティ・カランは、2012年8月にコーニングの初のイノベーションオフィサーに任命されました。この職務で、カランは新しいビジネスチャンスの成功の可能性を高めるためのプログラムのポートフォリオを管理しています。 イノベーションオフィスは、起業家的に焦点を当てた組織を構築するために作成されました。この組織は、すべてのビジネスセグメントにわたって活動し、短期的な収益機会を特定および開発することができます。

カランは1984年にコーニングに入社し、財務、製造、マーケティングにおいてさまざまな役割を果たしてきました。ノースカロライナ州ヒッコリー、テキサス州ケラー、メキシコのレイノサ、中国の上海、そしてドミニカ共和国を含む南北アメリカのコーニングケーブルシステムのハードウェアおよび機器のオペレーション担当し、シニアヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めました。カランは、ベライゾン FiOSを使用した最初の主要なFTTH製品を含む、コーニングのコネクティビティビジネスを成長させる取り組みを主導しました。

また、コーニングオプティカルファイバーのシニアヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務め、フジクラとNTT-ATとのコーニングコネクティビティ合弁会社であるUS Conecの会長も務めました。

カランはノートルダム大学を卒業し、金融の学士号を取得し、バージニア大学のコルゲートダーデン経営大学院で修士号を取得しました。。