ローレンス D. マクレイ | 役員紹介 | コーニング

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

副会長兼コーポレートディベロップメントオフィサー(CDO)

ラリー・マクレイは副会長兼コーポレートデヴェロップメントオフィサーです。 この職務では、コーニングの事業ポートフォリオ、パートナー契約、合併や買収に関連する戦略を担当しています。 彼はまた、ガバメントアフェアーも監督します。

以前は、戦略およびコーポレートデヴェロップメント担当エグゼクティブヴァイスプレジデントを務めていました。 この職務では、パートナー契約からビジネスポートフォリオの決定まで、コーニングのビジネスユニット全体の活動に対する戦略的アプローチの開発を担当しました。

マクレイは1985年にコーニングに入社し、コーニングの事業全体にわたって、財務、セールス、マーケティング、および一般的な管理において幅広いリーダーシップの地位を担当してきました。 1990年にインターナショナルセールスのマネージャーに任命されました。 1993年には、コーニングコンシューマープロダクツカンパニーの一部門であるリビアウェアコーポレーションのビジネスディレクターに就任しました。 彼は1995年4月にコーニングコンシューマープロダクツカンパニーの副社長およびリビアウェアコーポレーションの社長に任命されました。その後、1996年10月から2000年1月までテレコミュニケーションプロダクツに異動し、グローバル開発部門の副社長を務めました。

マクレイは、2000年2月にコーポレートデヴェロップメントに加わり、一連のシニアリーダーの地位に昇進しました。 マクレイは2010年から戦略とコーポレートデヴェロップメントを主導し、2002年からコーニングの経営委員会の委員を務めました。彼は2015年に副会長に任命されました。

以前は、マクレイはプライスウォーターハウスの上級会計士でした。

マクレイはモーガン州立大学で会計学の学士号を、ハーバード大学で修士号を取得しています。 彼はヘムロックセミコンダクターグループ、コーレルブランド、サムスンコーニングアドバンスドガラスLLCの取締役会に従事しています。