ジェームズ P. クラッピン | リーダーシップ | コーニング

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

副会長兼CEOの戦略顧問

ジェームス P. クラッピンは、2020年4月に副会長兼CEOの戦略顧問に任命されました。この職務において、クラッピンはシニアリーダーシップチーム(SLT)の設計と指導を担当しています。 さらに、新しい組織の成功をサポートするために、さまざまなコーポレートガバナンスプロセスおよび構造変更を再設計および実行するにあたり、CEOおよびその他のSLTメンバーを支援します。

クラッピンは、1980年にロードアイランドのセントラルフォールズの製造工場でプロセスエンジニアとしてコーニングインコーポレイティッドに入社しました。彼は、工場が売却されて1983年にGTE Corporationに移り、その後1988年にコーニングに戻りました。コンシューマープロダクツ部門でさまざまな製造管理職を務め、1994年にディスプレイビジネスに従事しました。

1996年、クラッピンはコーニングの静岡製造施設のプラントマネージャーとして日本に移りました。その後、責任範囲を増やしながら多くの経営に関わる地位を経て、2002年にコーニングディスプレイテクノロジー(CDT)ワールドワイドビジネスのゼネラルマネージャーに任命されました。

2005年から2010年にかけて、クラピンはCDTの社長を務め、日本、韓国、中国本土、台湾、および米国の5つの地域で事業と製造業務を担当しました。 CDT在職中、LCDガラスの需要は、ノートブックコンピューターやデスクトップモニターのアプリケーションから小型のポータブルデバイスやLCDテレビへと移行するディスプレイ業界の発展により、飛躍的に高まりました。市場の需要に応えて、クラッピンは中国本土と台湾でのCDTの事業の立ち上げ、世界最大の完全統合型LCDガラス製造工場のいくつかの導入など、アジア全域でのコーニングのディスプレイ事業の拡大を監督しました。彼のリーダーシップのもと、CDTの売上は2002年から2010年の間に7倍に増加しました。

クラッピンの組織は、高度なディスプレイとモバイルデバイス向けの新技術の開発も主導してきました。これらには、受賞歴のある環境に優しいEAGLE XG® Glass基板、Corning® Gorilla® Glass、OLEDおよび高性能ディスプレイ用Corning Lotus™ NXT Glass基板、高性能タブレット・ノートブック・8Kテレビ向けCorning®Astra™ Glassなどがあり、Corning Iris™ Glassは、新たなアプリケーション向けの光管理におけるCorningの専門知識をさらに発展させました。

現職の前は、ディスプレイテクノロジー、プレシジョンマテリアルズ、高性能ディスプレイ、およびGorilla® GlassやAdvanced Opticsを含むスペシャリティーマテリアルズで構成されるコーイングガラステクノロジー(CGT)のエグゼクティブヴァイスプレジデントを務めていました。ビジネスのリーダーシップに加えて、彼はガラス関連の製造と技術を担当していました。

クラッピンは、ロードアイランド大学で化学工学の学士号を取得しています。彼は2013年にロードアイランド大学工学部のDistinguished Achievement Awardを受賞しました。