エリック S. マーサー| リーダーシップ | コーニング

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

コーニングテクノロジー&インターナショナル、エグゼクティブヴァイスプレジデント

エリック S. マーサーは、コーニングテクノロジー&インターナショナル のエグゼクティブヴァイスプレジデントであり、コーニングのエンバイロメンタルテクノロジー、ライフサイエンス、およびファーマシューティカルテクノロジー部門の成長と拡大をリードしています。さらに、コーニングが事業を展開する世界の各地域、ならびにグローバルな製造、クオリティー、および安全機能を監督しています。

マーサーは1986年にコーニングに入社し、コーニングのオプティカルコミュニケーション事業における一連の製造および一般管理の役割を経験しました。2005年には、オプティカルファイバのヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーに任命され、通信業界の不況によって落ち込んだ安定性と成長の回復を支援しました。マーサーは、コーニングインターナショナルの社長(2012~2014年)、コーニンググレーターチャイナのゼネラルマネージャー(2007~2012年)を務めました。これらの役割において、彼はコーニングのビジネスをグローバルに拡大し、中国での戦略的成長の機会の獲得に尽力しました。

マーサーは、U.S. Military Academy at West Pointを士官候補生として理学士号を取得し、George Washington Universityでコンピューターサイエンスの修士号を取得しました。コーニングに入社する前、マーサーはU.S. Army Corps of Engineersに5年間勤務していました。