デヴィッド L. モース博士| リーダーシップ | コーニング

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

エグゼクティブヴァイスプレジデント兼チーフテクノロジーオフィサー

デヴィッド L. モース博士、エグゼクティブヴァイスプレジデント兼チーフテクノロジーオフィサー モースは、コーニングのイノベーションポートフォリオを管理し、会社を成長へと導く新たな推進力を生み出す役割を担っています。

1976年、モースはガラス研究の組成科学者としてコーニングに入社しました。彼は1985年にシニア研究員に指名され、光学部品研究部門の設立を担当しました。その後、1987年に消費者製品開発のマネージャーに、1990年には材料研究の管理者に任命され、2001年に企業研究に参加するまで、無機材料と電気通信の一連の技術的リーダーとして活躍しました。現在の職位に就く前は、コーポレートリサーチ部門のシニアヴァイスプレジデント兼ディレクターを務めていました。

モースは、Sigma XiのMIT支部とNational Academy of Engineeringのメンバーでもあります。モースは、セントルイスにあるWashington Universityのマクドネル国際学者外部諮問委員会の議長を務め、Corning Museum of Glassとコーニング財団理事会において、評議委員会委員を務めています。 

モースは1973年にBowdoin Collegeを優等で卒業し、1976年にMassachusetts Institute of Technologyで博士号を取得しました。