クラーク S. キンリン|リーダーシップ|コーニング

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

エグゼクティブヴァイスプレジデント

クラーク S. キンリンは、コーニングインコーポレイティッドのエグゼクティブヴァイスプレジデントです。コーニングオプティカルコミュニケーションを率いて、キャリアおよびエンタープライズネットワークで使用される光ファイバ、ケーブル、接続ソリューションの世界的な生産、開発、販売を担当しています。

1981年、キンリンはコーニングに入社し、スペシャリティマテリアルズ部門のオプティカルファイバーで10年間勤務しました。その後1995年に、キンリンはCorning Consumer Productsに加わり、部門の売却を支援しました。取引完了後、彼は新会社World Kitchen Inc.の販売およびマーケティングにおいてシニアヴァイスプレジデントを務めました。

2000年、キンリンはCorning International Corporationの社長に任命され、2003年に大中華圏のゼネラルマネージャーに任命されました。2007年4月から2008年3月まで、彼はCorning Cable Systems(現在のコーニングオプティカルコミュニケーション)の最高執行責任者(CFO)として指揮を執り、2008年4月にCorning Cable Systemsの社長兼最高経営責任者(CEO)に就任しました。

キンリンは、Kenyon Collegeで学士号を、Harvard UniversityでBusiness Administrationの修士号を取得しています。