アン・マリンズ | リーダーシップ | コーニング

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

シニアヴァイスプレジデント&チーフデジタル&インフォメーションオフィサー

アン・マリンズは、2019年8月にシニアヴァイスプレジデント&チーフデジタル&インフォメーションオフィサー(CDIO)に任命されました。この職務では、コーニングのグローバルインフォメーションテクノロジー部門の戦略的方向の主導、会社のデジタルフットプリントの向上に対する責任を負います。具体的には、市場競争力のあるコストでの運用安定性の推進、技術力の展開によるコーニングの成長促進、「インフォメーションテクノロジー2025」戦略で定義されたビジョンの実現などが含まれます。 

CDIOとして部署や部門責任者と密接に連携し、データと分析、コネクティッドエコシステム、「モノのインターネット」、プロセスの最適化、カスタマーサービスとの関連におけるコーニングのデジタル活用の見直しを通して優れた価値を創造します。 

コーニングに入社する前、マリンズはLockheed Martin社の最高情報責任者を務め、コストセンターであった社員4,800名のIT部門を大きく変革し、ビジネスのデジタル化を促進しました。それ以前は、Lockheed Martin社の最高インフォメーションセキュリティ責任者として、会社のサイバー戦略の策定と実行を担当していました。  

マリンズは、George Washington Universityでelectrical engineeringの学士号、Villanova Universityでelectrical engineeringの修士号を取得しています。また、VillanovaでHumphrey Award、Temple UniversityでFox IT Innovator Awardを受賞しています。