コーニング、新たな光接続製品、UniCam™工具キットおよびMTP®コネクタテクノロジーを発売

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

このサイトは最新のウェブブラウザで快適にご覧いただけます。よりよい環境でご覧いただくためにブラウザを更新してください。

Close[x]
ニュースリリース
企業情報
コーニング、新たな光接続製品、UniCam™工具キットおよびMTP®コネクタテクノロジーを発売
コーニング、新たな光接続製品、UniCam™工具キットおよびMTP®コネクタテクノロジーを発売
ニューヨーク州コーニング発 | Corning Incorporated | 2018年2月2日

コーニングインコーポレイティッド (NYSE:GLW)は本日、2つの新しい光接続製品、UniCam™高性能工具キット2およびMTP® PROコネクタを発表しました。両製品はどちらも、現場での光コネクタの施工性を高め、要件が厳しくスピードが求められる今日のケーブル敷設に大幅な時間削減をもたらします。 

両製品は、2月4~8日、フロリダ州オーランドで開催される2018 BICSI Winter Conference & Exhibitionのコーニングブース(ブース番号:1013)にて披露します。

UniCam高性能工具キット2は、コーニングが培ってきた、非エポキシ・研磨不要(no-epoxy, no-polish)接続テクノロジーの進化を示す製品です。単心コネクタの終端処理時間を削減するとともに、同工程におけるフィードバック・ガイダンス機能も向上しています。この新しい工具キットにより、コネクタの設置に必要な工程を45%(18ステップ→10ステップ)、終端処理時間を25%削減します。

操作上のフィードバック・ガイダンス機能も向上しており、Corning® Gorilla® Glass製のオンボード液晶スクリーンを備えています。終端処理するコネクタの種類をツールが自動的に判断し、それに応じてスクリーン上のアイコンとアニメーションも変化します。誤りが検出された場合、ツールからユーザーに対して修正方法を含む通知がなされます。

この工具キットは、ユーザー向けに終端処理工程全体を説明した取扱い映像をプリインストールした、7インチ液晶パネルを別途備えています。複数の設置工程を削減してコネクタの装着を簡略化するUniCam高性能工具キット2を用いることで、設置業者は現場での接続をより迅速に行うことができます。

コネクタ、工具キットおよび最適化されたアクセサリを含むコーニングのUniCam製品は、迅速で簡略化した現場終端処理ソリューションを、クラス最高の光学特性を提供します。

これに加えて、コーニングの製品ポートフォリオに、新たにMTP PROコネクタが加わりました。MTP PROコネクタにより現場における柔軟性を高め、MTPソリューションを用いる顧客向けに遅延リスクを最小限にします。本製品により、施工業者は現場で簡単にMTPのピンと極性を簡単に変換できます。シンプルな携帯サイズの工具を用いることで、コネクタのハウジングを取り外すことなく極性の変換およびMTPのピンの追加・削除を行うことができます。

今後、ピンの有無や極性の変換が必要な場合でも、顧客は新たに製品を注文し納品を待つ必要はありません。MTP PROコネクタは、EDGE™、EDGE8™、およびPlug&Play™製品シリーズのハーネスおよびジャンパに使用できます。これらのジャンパを最も一般的な構成で保管し、本ツールを用いて迅速にMTPのピンの追加・削除や必要に応じて極性を変換することで、在庫管理の簡略化を図ることが可能です。

UniCamおよびMTPコネクタソリューションは、コーニングの光学物性およびセラミック科学におけるコア技術の成果であり、気相堆積・精密成型プロセスによって設計および製造されています。

リリース内容について
このプレスリリースに記述された「将来に関する発表内容」(1995年の米国私募証券訴訟改革法によって表現された意味の範囲内における)は、コーニング の業績や事業活動に関する現在の予測や想定を基にしたものであり、コーニングのさまざまなビジネスリスクや不確実な要因によって、実際の結果と大きく異なる場合があります。これらのリスク及び不確実な要因には、世界の経済及び政治情勢や商況による影響、金融市場の状況、通貨変動、製品需要と業界の製造能力、 他社との競合、集中的な顧客基盤への依存度、製造効率、コスト低減、重要な部品および材料の入手可能性、新製品の開発と商品化、価格変動とプレミアムおよび非プレミアム製品の製品構成の変化、設備拡張および新規工場立ち上げコスト、テロ活動・武力衝突・政治および金融情勢、自然災害、悪天候、深刻な健康衛生問題による商業活動の停滞、 株式会社としての活動、買収および子会社売却、過剰在庫または古い在庫のレベル、技術変化の速度、特許権の行使、製品および部品性能の問題、主要人員の保持、株価変動、訴訟または規制による不利な状況の発生、などが挙げられます。これらを含む諸リスク要因は、コーニングが米証券取引委員会に提出した書類に記載されていま す。本リリースに記述された情報は、発表日現在の情報であり、コーニングは 新しい情報または将来の出来事に照らしてこれらの情報を更新する義務を負わないものとします。

ウェブによる情報開示について
企業ウェブサイトおよびソーシャルメディアチャネルを用いた重要情報の開示に関する米国証券取引委員会(SEC)のガイダンスに基づき、コーニングインコーポレイティッド(以下「コーニング」)は、投資家、メディアおよびその他利害関係者の皆様に対して、コーニングウェブサイト(http://www.corning.com/worldwide/en/about-us/news-events.html)を、投資家にとって重大とみなされ得る情報など当社に関する重要情報の発表の場として使用することをお知らせします。ウェブサイトおよびコーニングが利用しているソーシャルメディアのリストは、随時、当社メディアおよびウェブサイト上で更新していきます。投資家、メディアおよびその他利害関係者の皆様におかれましては、SECへの提出書類、プレスリリース、カンファレンスコール、ウェブキャストに加え、上記ウェブサイトおよびソーシャルメディアチャネルを通じて発表する情報をご確認いただきますようお願いします。ウェブサイトおよびコーニングが利用しているソーシャルメディアのリストは、随時、当社メディアおよびウェブサイト上で更新していきます。投資家、メディアおよびその他利害関係者の皆様におかれましては、SECへの提出書類、プレスリリース、カンファレンスコール、ウェブキャストに加え、上記ウェブサイトおよびソーシャルメディアチャネルを通じて発表する情報をご確認いただきますようお願いします。

コーニングについて
コーニング(www.corning.com)は、材料科学における世界的有数のリーディングイノベーターとして、創業以来166年間にわたり人々の暮らしを変える発明を重ねてきました。ガラス科学、セラミックス科学、光学物性に関する圧倒的な専門知識と、強力な製造・エンジニアリング能力を武器に、産業に変革をもたらし人々の暮らし向上につながるような、様々な定番製品を開発してきました。研究開発およびエンジニアリングへの継続的投資、革新的な材料およびプロセスの独自の組み合わせ、そして各業界で世界をリードするお客様との深い信頼に基づく協力関係により、大きな成果をあげてきました。

コーニングの能力は幅広く応用可能で相乗的な効果を発揮します。こうした能力を武器に、絶え間ない市場ニーズの変化に応えるべく進化し、変動の激しい業界において新たな機会の獲得を図るお客様をサポートしています。現在事業を展開している市場には、オプティカルコミュニケーション、モバイル消費者向けエレクトロニクス、ディスプレイテクノロジー、自動車、ライフサイエンス研究容器等があります。また、業界をリードする当社製品・技術として、耐傷性に優れた携帯デバイス向けカバーガラス、最先端ディスプレイ向け精密ガラス、高速通信ネットワーク向け光ファイバ、無線技術、先進通信ネットワーク向け接続ソリューション、創薬・創剤の加速化を実現する高信頼製品、 乗用車・トラック向け排ガス浄化技術などが挙げられます。