Corning Announces Moderate Price Increase for Display Glass Products

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

ニューヨーク州コーニング発 – コーニングは、2021年の第2四半期にディスプレイガラス基板の価格を緩やかに引き上げることを発表しました。

この価格調整は、現在のガラス不足の状況下で、ロジスティクス、エネルギー、原材料、およびその他の運用コストが増加したための措置です。さらに、信頼性の高いガラス基板製造を維持するために必要な貴金属のコストは、2020年以降大幅に上昇しています。コーニングはこれらの追加コストを生産性の向上で相殺しようとしましたが、完全に吸収することはできませんでした。

コーニングは、今後の数四半期においてガラス供給が不足もしくはタイトな状況が続くと予想しており、顧客へのガラス供給を最大化するために顧客との提携を継続します。

ウェブによる情報開示について

企業ウェブサイトおよびソーシャルメディアチャネルを用いた重要情報の開示に関する米国証券取引委員会(SEC)のガイダンスに基づき、コーニングインコーポレイティッド(以下「コーニング」)は、投資家、メディアおよびその他利害関係者の皆様に対して、コーニングウェブサイト(http://www.corning.com/worldwide/en/about-us/news-events.html)を、投資家にとって重大とみなされ得る情報など当社に関する重要情報や、本プレスリリースまたは他のプレスリリースの補足情報を発表する場として使用する意向であることをお知らせします。ウェブサイトおよびコーニングが利用しているソーシャルメディアのリストは、随時、当社メディアおよびウェブサイト上で更新していきます。投資家、メディアおよびその他利害関係者の皆様におかれましては、SECへの提出書類、プレスリリース、カンファレンスコール、ウェブキャストに加え、上記ウェブサイトおよびソーシャルメディアチャネルを通じて発表する情報をご確認いただきますようお願いします。