How It Works: Precision Forming | The Glass Age | Corning

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF
Science of Glass

Science of Glass

Science of Glass

今日最も急速に成長している技術、およびそれらを機能させるすべてのコンポーネントには、絶対的な精度が求められます。

たとえば、スマートカーのフロントガラス、光ファイバ接続、または次世代の薬瓶には、多くの場合1ミクロンのばらつきもない、まったく同じサイズと形状の大量生産コンポーネントが必要です。

エンジニアが「厳格な許容誤差」と呼んでいる非常に正確な仕様に製造することは、コーニングの何世代にもわたる強みの一つです。そして、ハイテク製品が私たちの生活を変えたため、同社は精密成形能力を継続的に改善することにより、変化の推進に貢献してきました。

今日、 精密成形 は、コーニングの製造プラットフォームポートフォリオの重要な部分を担っています。ガラス科学、セラミック科学、光学物性などのコア技術と相互に活用することにより、精密成形は、強力で業界をリードする革新をもたらします。

仕組み

 フュージョン、 押し出し成型、  気相堆積など、 コーニングのプラットフォームは、異なる製品に適用される場合でも、かなり一貫した製造手順に従います。その一方で、コーニングはさまざまな方法で精密成形に取り組んでいます。

射出成形製品(たとえば、創薬に使用される光コネクタやマルチウェルプレート)の場合、コーニングは材料科学の深い知識を活用しています。

コーニングの専門家は、顧客やパートナーと緊密に協力することによって、精密に成形されたポリマー部品の製造を可能にする金型を設計しています。金型は、熱、圧力、およびその他の厳しい製造条件の下で著しく安定している必要があります。金型と成形機は、最終製品が金型から取り出される前に品質と一貫性を管理するため、さまざまな科学的原理を活用しています。 また、製品自体に使用される樹脂は、多くの場合サブミクロンレベルまでの許容範囲で、同じ正確な一貫性を示す必要があります。

他の製品については、コーニングはガラスを製作し、それを厳密な仕様に合わせて成形します。

なぜ重要なのでしょうか。

イノベーションを可能にするため、コーニングは徹底的な測定技術を適用して、顧客が要求する極めて厳しい許容基準を満たしています。また、コンピューターモデリングシステムにより、エンジニアは、ガラスが製造および日常使用の曲げ、熱、または振動にどのように耐えるかを正確に確認できます。

高度な精度と大規模に再現可能性を備えていなければ、今日の多くのハイテクシステムは機能しません。

精密成形プロセスの仕組みについては、以下のビデオ(英語)をご覧ください。