コーニングのFibranceテクノロジー、日本の有名バンドのイベントで輝きを放つ

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

このサイトは最新のウェブブラウザで快適にご覧いただけます。よりよい環境でご覧いただくためにブラウザを更新してください。

Close[x]
Fibrance

インスピレーション

インスピレーション

コーニングのFibranceテクノロジー、日本の有名バンドのイベントで輝きを放つ

東京で行われたあるイベントが、Corning® Fibrance® Light-Diffusing Fiber を用いた演出もあり大いに盛り上がりました。

先日、日本の人気バンド、サカナクション主催のスペシャルカルチャーイベントが行われ、1,200人を超える来場者を集めました。当日はライブ演奏に加え、Fibranceテクノロジーを用いたインスタレーションをはじめとするカルチャー、テクノロジー、アートが紹介されました。

このコラボレーションイベントは、複数のヒットシングルで国内チャートにもランクインしてきたバンド、サカナクションのリードボーカルである山口一郎氏の発案で開催されたものです。山口氏は、様々なアーティストやデザイナーに呼びかけ、フロアの一部をカルチャー&テクノロジーを紹介するアートギャラリーへと変貌させました。

今回のFibrance 導入は、当社ウェブサイトでFibrance Light-Diffusing Fiberを知ったイベント照明デザイナーが、日本のFibranceテクノロジーチームに連絡したことがきっかけでした。

「Fibranceテクノロジー自体が『ガラスとアートの融合』による製品です。イベントにおいてFibranceが魅力的素材として輝きを放っていたのは、まさにこうした点によるものでしょう。」

コーニングインターナショナル株式会社 材料事業部 シニアセールスマネージャーの香川康之は次のようにコメントしています。「そのデザイナーは、Fibranceテクノロジーを用いることでポップカルチャーシーンに新しい照明手法をもたらすことができると考えていました。デザイナーとの協働を通じて、イベントの精神を具現化したアートインスタレーションにFibrance Light-Diffusing Fiberを組み込む方法を練り上げていきました。」 

イベント中、Fibrance テクノロジーを用い、スニーカーで制作したコスチュームを身につけたモデルがフロアのセンターまで歩み出て、和太鼓奏者の前でそのアート作品を披露しました。さらに、照明を落としブラックライトに切り替わると、Fibranceはその真価を発揮し、来場者はFibrance の放つ美しい光を体験しました。

香川は次のように述べています。「Fibranceテクノロジー自体が『ガラスとアートの融合』による製品です。イベントにおいてFibranceが魅力的素材として輝きを放っていたのは、まさにこうした点によるものでしょう。」

「Fibranceは、優れた美的特性を備えており、消費者エレクトロニクス業界 でも技術的応用が進んでいます。今後のプロジェクトやインスタレーションでFibranceテクノロジーの利用を検討しているデザイナーの数もどんどん増えています。」  

More About Fibrance