How it Works: Extrusion

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

私たちが吸い続けなければならない外気。有害なガスや粒子状物質と、きれいな空気、どちらがいいでしょうか? ガスや粒子状物質を選択する人は、まずいないでしょう。しかし現実には、これらの危険な排出物が自動車から肺に定期的に流入しているのです。

コーニングは、ますます厳しくなる排出ガス規制に自動車メーカーが対応し、自動車の排気ガスから発生するこれらの毒素のレベルを大幅に削減できるよう支援しています。私たちは、誰もがより快適に呼吸でき、より健康な生活が送れるよう、努めています。過酷なガスやすすが肺に入ることを防ぐ隠れたヒーローが、コーニングのセラミック担体とフィルタです。これらは押し出し成型プロセスによって製作されます。

仕組み

押し出し成型プロセスを開始するには、高品質の原料をブレンドして均質な混合物を作成します。これらは低膨張材料であり、エンジン内部の極端な温度の変動に耐えることができます。

次に、液体が原料混合物に加えられ、円錐形のホッパーに注がれます。その後、混合物はペースト状の物質に変換されます。

物質はその後、スクリュー押出機に供給され、 数千の小さな並列チャネルを形成するハニカムダイを通して供給されます。 フィルタ内でこれらのチャネルは、空気に到達する前に有害な粒子状物質を捕捉する役割を果たします。 担体内ではチャネルの多孔性により、触媒変換が起こり、小さすぎてフィルタに閉じ込められない有害な毒素が除去されます。押し出し成型により形成された後、セラミック製品は炉で焼成され、冷却されます。

材料、サイズ、および形状は、エンジンおよび車両メーカーの仕様によって異なります。ただし、完成品はそれぞれ特定の長さにカットされ、すべてのメーカーの要件を満たしています。

なぜ重要なのでしょうか。

排出規制がより厳しくなるに従い、

私たちは、自動車メーカーがこれらの基準を満たすことを可能にする新しい技術を開発し続けています。当社の技術は、軽負荷および重負荷の両方の用途で、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド車向けに設計されています。Corning® DuraTrap® GCフィルタなどの最近のイノベーションによって、ガソリンエンジンからの粒子状物質の削減も可能になっています。これは、担体のみのシステムでは捕捉できないものです。

以下のビデオ(英語)で、押し出し成型プロセスの仕組みをご覧ください。