最新バイオロジクス技術を用いた細胞・遺伝子治療開発の海外導入事例を紹介

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF
イベント
Life Sciences
最新バイオロジクス技術を用いた
細胞・遺伝子治療開発の海外導入事例を紹介
最新バイオロジクス技術を用いた
細胞・遺伝子治療開発の海外導入事例を紹介
2020年9月8日 午後03時00分 - 午後04時00分

欧米を中心に実用化が加速し始めた細胞・遺伝子治療分野の幹細胞やウイルスベクターの産業化に向け、コーニング独自のハイパーテクノロジー(HYPERFlask®、HYPERStack®)を中心にクローズドシステムによる無菌操作法や最終製剤化の安全操作性について概説いたします。

 

スピーカー:コーニングインターナショナル株式会社  ライサイエンス事業部 石渡 孝至

 

<セミナーのポイント>

① 最新技術HYPER培養システムの紹介(hMSC, Viral Vector)

② 閉鎖系および回収・保存・輸送技術(バック、ボトル)

③ 品質管理体制(原料樹脂・溶出物・リーク・滅菌など)

④ 海外の製品導入事例(公的研究機関、製薬会社)

 

 

今すぐ登録