がんオルガノイドを用いた抗がん剤の評価

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF
イベント
Life Sciences
がんオルガノイドを用いた抗がん剤の評価
がんオルガノイドを用いた抗がん剤の評価
2020年7月22日 午後02時00分 - 午後03時30分

がん組織より樹立した長期培養が可能な「がんオルガノイド(F-PDO®)」と「がん細胞株」とのゲノム、遺伝子発現、形態等の違い、がんオルガノイドの培養やアッセイ系構築の難しさ、がん細胞株(平面培養)との抗がん剤の感受性の違いなどについて紹介致します。

 

スピーカー:公立大学法人 福島県立医科大学 ふくしま国際医療科学センター
                  医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター セルファクトリー部門教授 高木 基樹 先生

 

<セミナーのポイント>

① がんオルガノイドの樹立と培養

② がんオルガノイドの特徴

③ がんオルガノイドを用いたアッセイ系構築のポイント

④ がんオルガノイドとがん細胞株の抗がん剤感受性の相違

 

今すぐ登録