Corning Iris Glass | ディスプレイガラス | Corning.com

We use cookies to ensure the best experience on our website.
View Cookie Policy
_self
Accept Cookie Policy
Change My Settings
ESSENTIAL COOKIES
Required for the site to function.
PREFERENCE AND ANALYTICS COOKIES
Augment your site experience.
SOCIAL AND MARKETING COOKIES
Lets Corning work with partners to enable social features and marketing messages.
ALWAYS ON
ON
OFF

このサイトは最新のウェブブラウザで快適にご覧いただけます。よりよい環境でご覧いただくためにブラウザを更新してください。

Close[x]
これは抽象画像です

Corning Iris™ Glass

Corning Iris™ Glass

厚さ5mm未満のディスプレイを実現する高透過導光板

業界の薄型化志向に応える導光板

業界の薄型志向をサポート

明るく、色鮮かな大型ディスプレイには、均一でムラのないバックライトが必要ですが、従来のプラスチック導光板を用いた一層の薄型化は、限界に近づいています。

導光板は、エッジライト方式液晶ディスプレイのバックライトに用いられ、ディスプレイ全体に光を行き届かせる役割を担います。クリアで明るい画像表示に不可欠な部品です。

プラスチック導光板は、超薄型ディスプレイに求められる寸法安定性に課題があります。熱や湿気で生じる、歪みや膨張のため、光学的・機械的性能が損なわれる可能性があるのです。システム設計者は、そのような寸法変化を考慮し、額縁部を広げる、バックライトを厚くする、隙間をとるなどの対応を取っています。この課題は、導光板の素材をプラスチックからガラスに素材を変えることで解決できますが、これまでの標準的なガラス組成では光学的要件を満たすことができませんでした。

明るさをもたらす高い透過率、色鮮やかさを実現する色変化の生じない透過特性が、導光板に求められる光学的要件です。コーニングの導光板は、コーニング独自のフュージョン製造プロセスと、Iris™ Glassの組成を組み合わせることにより、クラス最高の素材に匹敵する光学性能を達成しました。

優れた寸法安定性とクラス最高の光学性能を持つCorning Iris™ Glassを用いることで、より薄型のテレビを実現できます。

 

Corning Iris™ Glass: 革新的設計、最高クラスの性能

Iris ™ Glass は、液晶ディスプレイの光学的要件を上回る、トップレベルの透過性とカラーシフトを誇っています。寸法安定性と硬度に優れたガラスにより、超薄型で額縁部の狭い液晶テレビ設計が可能になり、薄型化を極めたエッジリット式液晶ディスプレイの実現に貢献します。

最新ニュース

コーニング、ディスプレイウィーク2016において先進のガラスイノベーションを展示

コーニング、先進のガラスイノベーションを展示

2016年5月24日

耐久性に優れ、色鮮やかな次世代薄型ディスプレイを実現

続きを読む

Corning Iris™ Glass、LeTVの新型テレビSuper TV Max 70に採用

Iris™ Glass、LeTVの新型テレビSuper TV Max 70に採用

2015年12月22日

Iris Glass、液晶テレビの薄型化を促進

続きを読む